このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

BF4も新生FF XIVもこのビデオカードで快適間違いなし第3回

GIGABYTE製ビデオカードはチューンナップと3連ファン「WINDFORCE 3X」が魅力

2013年11月27日 16時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最後は、手ごろな価格帯ながら高いオーバークロックチューンが施されたGIGABYTE製ビデオカードだ。高クロックチューンモデルが多いだけあって、GPUクーラーも高い冷却性能に期待が持てる3連ファン装備の「WINDFORCE 3X」搭載モデルが多く、ミドルハイGPUモデルにも採用されている。

 ヒートシンク部に金属を三角形状で充填し、熱伝導率を高める「Triangle Cool Technology」や、ヒートシンクを傾斜させ、基板全体に風を送り込むなど、独自技術を満載した「WINDFORCE 3X」クーラー。これはGPUコアのみならず、メモリーや電源回路部を効率よく冷却し、高クロックでの長時間ゲーミングの安定動作を可能にしている。

 もちろん、品質面も安心で、基板(PCB)には放熱効果を向上させる電気抵抗の少ない2オンス銅箔層を採用。さらに高効率で低発熱の低電圧RDS(on)MOSFETや日本製固体コンデンサーなどを採用するGIGABYTEの独自品質基準「Ultra Durable VGA」に準拠している。

パッケージにメカニカルな瞳が描かれたGIGABYTE製ビデオカード

 NVIDIAとAMDの両GPUメーカーのビデオカードを扱っている鉄板3メーカーのおおとりをかざるのにふさわしい高オーバークロック&3連ファン搭載GPUクーラー「WINDFORCE 3X」搭載のGIGABYTE製ビデオカードの4モデルを見ていこう。

迫力ある「WINDFORCE 3X」クーラー搭載の4モデル

 まずは4モデルを紹介していこう。各モデルとも3連ファンを備える「WINDFORCE 3X」クーラーを搭載しているが、「GV-N780OC-3GD REV2」(GeForce GTX 780)、「GV-N760OC-4GD」(GeForce GTX 760)、「GV-R927XOC-2GD」(Radeon R9 270X)が、新タイプの「WINDFORCE 3X 450W」クーラーを搭載し、「GV-R928XOC-3GD」(Radeon R9 280X)は従来タイプの「WINDFORCE 3X」クーラーになっている。

 両タイプともGIGABYTE独自技術の「Triangle Cool Technology」採用ヒートシンクなどを搭載しているが、ヒートシンクデザインやカバー形状などは大きく異なっている。

GV-N780OC-3GD REV2

●URL:http://www.cfd.co.jp/gigabyte/vga/gv-n780oc-3gd_rev2.html
●実売価格:7万7000円前後

GV-N780OC-3GD REV2のGPU-Z。ブーストクロックは1006MHzに設定されているが、実測では1097MHzで動作

GV-N760OC-4GD

●URL:http://www.cfd.co.jp/gigabyte/vga/gv-n760oc-4gd.html
●実売価格:3万8000円前後

GV-N760OC-4GDのGPU-Z。ミドルGPUでは少ないメモリー容量4GBモデル。ビデオカードのメモリー容量が推奨3GBの「Battlefield 4」にベスト。最大1150MHzの高クロックチューンも魅力

GV-R928XOC-3GD

●URL:http://www.cfd.co.jp/gigabyte/vga/gv-r928xoc-3gd.html
●実売価格:3万8000円前後

GV-R928XOC-3GDのGPU-Z。ブーストクロックはリファレンスから100MHzアップされている。4モデルのなかで、唯一従来タイプのWINDFORCE 3Xを採用

GV-R927XOC-2GD

●URL:http://www.cfd.co.jp/gigabyte/vga/gv-r927xoc-2gd.html
●実売価格:2万6000円前後

GV-R927XOC-2GDのGPU-Z。ブーストクロックはリファレンスクロックから100MHzアップした1100MHzで動作

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中