このページの本文へ

au冬モデル、富士通「ARROWS Z」と5型最軽量の「DIGNO M」発売

2013年11月18日 17時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、au冬モデルに含まれる富士通製「ARROWS Z FJL22」を11月22日に、京セラ製「DIGNO M KYL22」を11月23日にそれぞれ発売すると発表した。

 まず、富士通製の「ARROWS Z」は、これまでのau向けARROWSシリーズのイメージを一新。丸みを帯びたデザインとストレスフリーな使い心地をアピールする1台だ。もっともスペックも非常に高く、5型フルHD液晶に加え、2.2GHz動作でクアッドコアのSnapdragon 800を搭載。国内ユーザー向け各機能に加えて、防水やフルセグにも対応している。

 また内蔵のウェブブラウザーでは、4G LTEと無線LANの同時通信による、より快適な通信にも対応している。本体カラーはブラック、ホワイト、ピンクの3色。


イメージが一新されたARROWS Z
カラバリはホワイト、ブラック、ピンクの3色

初出時に、ARROWS Z FJL22を防水・防塵対応と記述しておりましたが、正しくは防水のみの対応でした。お詫びして訂正いたします。(11/18 19:15)


 京セラ製の「DIGNO M」は、5型フルHD液晶搭載で防水・防塵対応でありながら、約135gという非常に軽量なのが特徴的だ。また狭額縁設計により、5型液晶搭載ながら約69mmという持ちやすいサイズなのもうれしい点。

 こちらもスペックは高く、2.2GHz動作のSnapdragon 800に加えて、国内ユーザー向け機能は全部入り。カラバリはホワイト、ブルー、ピンクの3色である。


カラバリは左からホワイト、ブルー、ピンク
  ARROWS Z FJL22 DIGNO M KYL22
メーカー 富士通モバイルコミュニケーションズ 京セラ
ディスプレー 5型液晶 5型液晶
画面解像度 1080×1920ドット 1080×1920ドット
サイズ 約71×140×10.1mm 約69×138×9.9mm
重量 約149g 約134g
CPU Snapdragon 800 2.2GHz
(クアッドコア)
Snapdragon 800 2.2GHz
(クアッドコア)
内蔵メモリー 2GB 2GB
内蔵ストレージ 32GB 32GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB) microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.2 Android 4.2
4G LTE ○(下り最大150Mbps) ○(下り最大150Mbps)
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大10台) ○(最大10台)
国際ローミング LTE/GSM/W-CDMA LTE/GSM/W-CDMA
カメラ画素数 リア:約1310万画素CMOS/イン:約125万画素 リア:約1300万画素CMOS/イン:約120万画素
バッテリー容量 2600mAh(交換不可) 2600mAh(交換不可)
FeliCa ○(+NFC) ○(+NFC)
ワンセグ ○(+フルセグ)
赤外線
防水/防塵 ○/× ○/○
SIM形状 microSIM nanoSIM
連続待受時間(3G/LTE) 約740時間/約650時間 約570時間/約530時間
連続通話時間(3G) 約940分 約1110分
カラバリ ホワイト、ブラック、ピンク ホワイト、ブルー、ピンク
発売時期 11月22日 11月23日

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン