このページの本文へ

京セラ、T-Mobile USに超堅牢なスマホを供給開始

2013年11月15日 21時25分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 京セラは今日15日、アメリカ第4位の携帯会社であるT-Mobile USに防水と耐衝撃に対応した4G LTEスマホ「Hydro XTRM」を供給すると発表した。発売は11月20日からで法人向けのみ。なお、京セラは北米市場でベライゾン、スプリント、リープ・ワイヤレス、U.S.セルラーといったキャリアに端末を納入しているが、T-Mobile向けの端末を発売するのは初めてとのこと。

 Hydro XTRMは1.2GHz動作のデュアルコアCPU、4型ディスプレー搭載し、バッテリーは2000mAh。特筆すべきそのタフネスぶり。水深1mに30分間沈めても大丈夫なIP57相当の防水・防塵性能を誇り、衝撃を吸収する本体デザインやディスプレー面は落ちても接地しないくぼんだ構造により米国国防総省軍事規格(Military Standard 810G)に準拠しているとのこと。

耐衝撃性能と防水防塵機能で、どんなエクストリームな場所でも安心だ

 また、騒音が激しい工事現場などで作業する場合に役立つ、京セラ謹製の「スマート・ソニック・レシーバー」を採用している。ヘルメットをしながらでも音声が聞けるのは大きなメリットだ。

 日本での発売は現時点ではないとのこと。

こちらも頑丈で工事現場などで愛されている「トルク」兄弟機でスペックはほとんど同じだが、ベライゾンからリリースされる「Hydro Elite」
ひたすらに薄さを追求した日本のフィーチャーフォンだが、アメリカではこのように分厚くてゴツイ端末が売れるという

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン