このページの本文へ

携帯電話ならば35台分を充電可能

飛行機にも持ち込める大容量バッテリー「スゴイバッテリー Air」登場

2013年11月15日 20時36分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
携帯電話ならば35回分を充電可能な「空飛ぶスゴイバッテリー Air」

 システムトークスは11月15日、超大容量バッテリーを内蔵した小型ポータブルの充電式電源、「空飛ぶバッテリー スゴイバッテリー Air」を発表、11月下旬に発売する。

 昨年発売された「スゴイバッテリー」は7万5000mAhという大容量によりアウトドアや防災用途でのヒット商品となったが、新たに発売される「空飛ぶバッテリー スゴイバッテリー Air」は旅行先などでも使用したいという要望のため小型軽量化したモデル。

出力端子は側面にあり、シガーライターソケットも用意されるので市販アダプター類が利用できる

 スゴイバッテリーと同じくリチウムポリマー充電池を内蔵し、容量は既存モデルの約半分にあたる3万7500mAh。携帯電話ならば約35回充電できるという。出力ポートはUSB(5V)☓2、MiniDINポート(12V)☓2、シガーライターソケット(12V)☓1を搭載するほか、別売のAC100V変換アダプターも用意される。

重量2.5kgの「スゴイバッテリー」から軽量化され1.5kgとなった

 充電はAC100V(付属ACアダプター)、12V電源(車載シガーライターソケット)のほか、太陽電池などからの12~17V電流でも充電が可能。 

スマホやタブレットだけでなく、屋外での長時間ノートパソコン操作にも十分な容量を持つ

 本体サイズは幅 235×奥行き76×高さ250mm、重量は1.5kg。価格はオープンプライスだが、充電用ACアダプターなどが付属する「標準バージョン」が推定価格3万2800円、車からの充電などケーブルが付属する「DXバージョン」が推定価格3万4800円程度という。

■Amazon.co.jpで購入【既存製品】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン