このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マイクロソフト・トゥディ第71回

来日中のポール・マッカートニー、Surfaceと電撃コラボ!

2013年11月15日 17時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11年ぶり4回目の単独来日公演となる「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」を、11月11日からスタートしているポール・マッカートニー。これまでの単独来日公演にはなかったザ・ビートルズ時代のヒットナンバーを披露しているほか、新曲「NEW」を引っ提げての公演ということもあり、話題を集めている。

「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」公式サイト

 そのポール・マッカートニーが、来日にあわせて、日本マイクロソフトのタブレット「Surface」との電撃コラボを展開しているのだ。

 何の予告もなく開始されたこのコラボは、SurfaceのTVCMに、ポール・マッカートニーの新曲「NEW」が使用されたスペシャルバージョンを用意し、期間限定でオンエアするというもの。通常版では、クリス・ペプラー氏による特徴説明を中心としているが、同じ映像を使用しながら、音楽をマッカートニーの歌声に変えたことで、まったく雰囲気が異なるものとなっている。最後のクリス・ペプラー氏による「これさえあれば、何もいらない」のフレーズは共通だ。

 11日、12日の大阪・京セラドーム、15日の福岡ヤフオク!ドーム、18日、19日、21日の東京ドームでの公演にあわせて、11月10日〜20日までオンエアされることになる。

 今回の来日にあわせたコラボTVCMは、ポールファン、Surfaceファンに限らず、ぜひ見てほしい。

Surface TVCM 「ポール・マッカートニー」バージョンの60秒版
Surface TVCM 「ポール・マッカートニー」バージョンの30秒版

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン