このページの本文へ

RS-422 or 485変換して遠距離の装置と通信

コレガ、RS-232Cを最大1200mまで延長可能な変換器「CG-RS232RS485」

2013年11月13日 20時20分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
最大1200mという遠距離まで外部電源不要でシリアル通信が可能 

 コレガは11月13日、RS-232C信号を最大1200mまで延長可能な変換器「CG-RS232RS485」を発表、11月下旬より販売する。

 CG-RS232RS485は、PCのRS-232Cシリアル信号をRS-422/485信号に変換することで最大1200mまで延長させることができる変換装置。受け手側も同製品を用いてRS-232C信号にして利用する。

最大1200mという遠距離で機器と通信でき、しかも1対多の通信も行える

 1対1(Point to Point )に加えて1対複数接続にも対応し、1対多接続ではPoint to Point フルデュプレックス(全二重)、Point to Point ハーフデュプレックス(半二重)の2種類の接続設定が可能。また、RS-232C端子のバスパワーで稼働し、外部電源は不要。

RS-232Cシリアルの端子により、従来のPCやPCに対応した機器をそのまま利用できる

 現在でも工作機械や高速通信を必要としない制御機器、センサーなどはRS-232Cで通信するものが多い。本製品により、従来からの機器をリプレイスやアップグレードすることなくPCによる遠隔制御が可能になるとしている。価格は5880円。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン