このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

4Kより安価で、4K画質に迫る! 最新テレビ&BDレコ 第1回

プラズマも選択肢!? 4K時代になっても使えるフルHDテレビ

2013年11月12日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

現行モデルは完成度が極めて高く
最後に買うフルHDテレビにふさわしい!?

個人的に気になるのは、やはりパナソニックの「VT60」シリーズ

個人的に気になるのは、やはりパナソニックの「VT60」シリーズ

 東芝、シャープに代表される最新のフルHDテレビは、明らかに4Kテレビ時代へと移行していく今、4Kテレビに引けをとらずに安心して長く使えるテレビを志向していることがわかる。

 もちろん、ソニーやパナソニックといったメーカーの現行モデルもその実力はかなり高く、どれを買っても満足度は極めて高い。

 筆者自身はテレビを一般的な(白物家電に近い)商品ではなく、趣味である映画やアニメを満喫するための高画質ディスプレイとして見ているので、画質がいいことがすべてで、買えるかどうかはその後で考える主義だ。

 そういった視点で見ていても、今買うのならば、これからの伸びしろがまだまだある4Kテレビではなく、おそらく今が画質レベルにおいてピークに達したと実感できるフルHDテレビを選ぶ方が、長く愛用できるように思っている。

 個人的にはプラズマ派なので、一番気になるのは最後のプラズマになるであろうTH-P60VT60ではあるが、東芝のZ8シリーズもハンドリングのいい42V型か47V型をプロジェクターを置いた視聴ルームのサブテレビにするのもいいかと真剣に考えたほどだ。

 当たり前の話だが、4Kテレビでアップコンバートされた映像のよさもあるし、フルHDソースをフルHDのまま見るドット・バイ・ドットのよさもある。こうしたテレビの移行期は、その両方メリットとデメリットを見極め、自分の使い方に合ったものを選ぶことが重要になると思う。

 一番のポイントは画質だ。世間では販売されているテレビのすべてが高画質で、ブランドも気にせず価格で選んだところで画質が悪いものに当たることはない、とさえ言われることがあるし、そこまで画質にこだわることもないと感じる人も多いだろう。しかし、4Kテレビが話題を集めているのはその画質のよさがすべてだし、店頭で見たり友人の家で別のテレビを見たとき「俺の知ってるテレビの映像と違う!!」と愕然とすることがあるのも画質なのだ。

 毎日見るものだからこそ、その差は誰にでもわかるし、違いに気付くと途端に今、自分が持っているテレビの魅力が薄れ、買い換えを検討することになる。

 今回紹介したような、完成度の高いフルHDテレビならば、4Kテレビ主流の時代になろうと、そうそう愕然とすることもなく、長く愛用できると言い切れる。地デジ初期に薄型テレビを導入し、そろそろテレビの買い換えを考えている人は、ここはじっくりと検討してみるといいだろう。

 次回は4K時代のフルHDテレビと組み合わせるのに最適な、BDレコを紹介する。

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画