このページの本文へ

既存製品の読取り/書込み速度も刷新

サンディスクが4K撮影対応で世界最速256GBのCFカードを発表、南明奈さんも登場

2013年11月08日 21時04分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エクストリーム プロ コンパクトフラッシュカード256GBモデル、読取り/書込み速度で世界最速をうたう

 サンディスクが11月8日、コンパクトフラッシュカード「エクストリーム プロ コンパクトフラッシュカード」の256GBモデルを発表した。価格はオープンで、実売価格は15万円前後を想定。12月の発売を予定している。

 同社は、まず2010年のあらゆるデータの総量は1.2ゼタバイトであることと、2020年には40ゼタバイトまで増えるという予想を提示。データの今後さらなる大容量化と、そのことに付随する高速化の要望に応えるのが、エクストリーム プロ256GBモデルだという。同製品は、256GBのモデルを新たにラインアップし、世界最速をうたう最大読取り速度160MB/秒、書込み速度140MB/秒を実現する。最低持続書込み速度VPG(Video Performance Guarantee)は65MB/秒で、シネマレベルの4K動画を安定して撮影することが可能だという。

 同製品は、RTVシリコンコーティング採用により、衝撃や振動からのデータの保護性能を強化。-25度から85度までの温度にも耐えうるとしている。また、エクストリーム プロシリーズに共通して備えられている無期限の保証が付くほか、データ復旧ソフト「Rescue PRO Deluxe」を1年間無料で利用できる特典も付属する。

1998年に同社が設立されて以降のコンパクトフラッシュカードの容量と速度の改良の推移。容量は15年間で約1300倍に

 発表会では、フォトグラファーの熱田護氏と水谷たかひと氏、タレントのアッキーナこと南明奈さんのトークショーも開催。「以前、サンディスクのコンパクトフラッシュカードを水に落とす現場に遭遇したけれど、データは無事だった」(熱田氏)、「一日に2000枚3000枚と写真を撮る中で、サンディスクのカードに100パーセントの信頼を置いている」(水谷氏)とプロの現場での話を展開。南明奈さんが撮影したという写真も公開された。

熱田護氏(右)と水谷たかひと氏(中央)

サンディスクによると、南明奈さんの高速スピードのイメージがエクストリーム プロと合致したという

南明奈さんが撮影したという写真も公開された

 また、既存製品の最大読取り/書込み速度も刷新される。エクストリーム プロ シリーズは最大読取り/書込み速度90MB/秒(128GBのみ最大100MB/秒)だったが、最大読取り速度160MB/秒、書込み速度150MB/秒となる。「エクストリーム コンパクトフラッシュカード」「ウルトラ コンパクトフラッシュカード」の読取り/書込み速度も同様に向上。エクストリームは最大読取り速度120MB/秒、書込み速度最大30MB/秒、ウルトラは最大読取り速度50MB/秒にそれぞれ改良される。

 全シリーズ共通で読取り/書込み速度が向上した製品は12月の発売を予定している。

■Amazon.co.jpで購入【既存モデル】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン