このページの本文へ

ドコモのiPhoneは影響ナシ!

国内メーカーの雄、シャープがAQUOS PHONEの展開を解説!

2013年11月07日 23時01分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは今日7日、3キャリアで発表した冬春モデルの「AQUOS PHONE」シリーズについての説明会を開催した。

 同社の通信システム事業統轄 兼 通信システム事業本部長 常務執行役員の長谷川祥典氏が登壇して、今後のシャープの展望を語った。「各キャリアと目指す方向は同じ」としながら、同社の事業ビジョンとしてはスマート・プロダクトをはじめ、スマート・サービスやスマート・デバイスなどに拡大していくという。

シャープ 通信システム事業統轄 兼 通信システム事業本部長 常務執行役員 長谷川祥典氏。プレゼンテーションでは同社の事業ビジョンを中心に語った

 冬春モデルとして投入されるスマホはドコモ向けが「SH-01F」「DRAGON QUEST SH-01F」「SH-02F」「SH-03F」の4モデル、au向けが「SHL23」の1モデル、ソフトバンクモバイル向けが「302SH」「303SH」の2モデル、合計7機種が発表されている。これらの端末の共通の特徴はバッテリーの持ちだが、中でもIGZO液晶を採用した3日間使えると謳うモデルをプッシュしていた。IGZO液晶の進化により、ディスプレーの高密度化も進み、冬春モデルでは487ppiという世界最高峰の超高密度液晶を実現している。

 7機種の中でIGZO液晶を採用しているのは「SH-01F」「SH-02F」「303SH」「SHL23」の4機種。さらに487ppiに対応するのは「SH-02F」と「303SH」の2機種だ。

ドコモ「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」

au「AQUOS PHONE SERIE SHL23」

ソフトバンクモバイル「AQUOS PHONE Xx 302SH」

 またソフトバンク向けの「302SH」と「303SH」のみの特徴として、ディスプレーの占有率が80.5%という狭額縁デザインの採用がある。このデザインを同社では「EDGEST」(エッジスト)と呼び、今後はさらに打ち出していくという。

 最後に長谷川氏は今後の端末やサービスを総括して「2014年度、国内市場においてAndroid端末ナンバーワンメーカーを目指す」という目標を掲げ、説明会は終了した。

 また、質疑応答においてドコモのiPhoneの取り扱いについて聞かれた長谷川氏は「状況は大きく変わってはいるが、とくに販売面での影響はない」とコメントした。

ドコモ向けモデル

au向けモデル

ソフトバンク向けモデル


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン