このページの本文へ

他社製アームとの組み合わせで音質調整の幅が広がる

LUXMAN、アーム交換可能な「PD-171AL」を発表

2013年11月06日 14時11分更新

文● 八尋/ASCⅡ.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アームベースが選択可能になった「PD-171AL」

 LUXMANは11月5日、アームレスタイプのアナログディスクプレーヤー、「PD-171AL」を発表した。今月発売予定で、価格は41万4750円。

 PD-171ALは2011年に発売された「PD-171」のアームレスバージョンで、アームを交換して音質を調整できる。別売で多数のアームベースが用意され、SME/サエク/FR/オルトフォンなど他社製品にも対応可能だ。

 ターンテーブル部分など基本的な仕様は同等だが、PD-171と比べると、本体の幅が465mmから492mmになり、重さが23.0kgから23.8kgになった。

本体サイズは約幅492×奥行407×高さ195mmで、重さが23.8kg。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン