このページの本文へ

OCMEMORY「OCM2400CL10D-8GBN」

1クラス上のOCMEMORYブランド製ハイエンドメモリーが販売中

2013年11月05日 22時32分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オーバークロック系メモリーやハイエンドマザーボードの取り扱いで知られるOCMEMORYのオリジナルブランドとなるメモリーモジュール「OCM2400CL10D-8GBN」が発売となった。

OCMEMORYのオリジナルブランドとなるメモリーモジュール「OCM2400CL10D-8GBN」が発売

 通常メーカーが工場で行なうテストに加え、日本独自にテスト基準を設定。厳密な検査にクリアしたというOCMEMORYオリジナルモデル。登場した「OCM2400CL10D-8GBN」は、8GB×2枚の16GBセット。「SK Hynix MFRチップ」を実装する8層PCB(黒基板)モデルで、DDR3-2400(PC3-19200)、レイテンシーはCL11-13-13-31、電圧1.65Vというスペック。製品には日本語の設定マニュアルが付属する。

「SK Hynix MFRチップ」を実装する8層PCB(黒基板)モデル。100%日本でテスト後に出荷されている

 対応チップセットはIntel Z87/Z77 Expressチップ採用マザーボードで、CPUには第3世代または第4世代Intel Core i7/i5が推奨されている。
 なお、パッケージデザインは今回も「初音ミク」のキャラクターデザインを手がけるイラストレーターのKEI氏が手掛ける。
 価格はパソコンショップアークで2万2780円、OVERCLOCK WORKSで2万2800円で販売中だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中