このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第61回

「LG G2」「Xperia Z1」「Note 3」冬の最強スマホを比較!

2013年11月05日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

背面に電源と音量ボタンを配置!
ユニークだが外観はスマートなLG G2

 LGは外観がユニークで、背面のカメラ周りに電源と音量ボタンを配置。そのおかげで狭額縁、持ちやすくできているとも言える。ラウンドフォルムで、背面のボタンまで指も届く。だが慣れないウチは正直辛いだろう。今回もスクリーンショットの撮影でよく押し間違えた。

 バッテリーの取り外しは不可で、前述したようにmicroSDスロットは無し。SIMスロットは同梱のピンで開ける仕組みだ。イヤホンジャックとmicroUSB端子は下部にあり、ストラップホールは無し。正面のホームボタン周りはタッチパネルに表示し、ユニークなボタン配置ではあったが、すっきりした外観。とても5.2型とは思えない持ちやすさが長所で、画面の操作を考えると期待大。次回以降チェックしていく。

背面に特徴的なキーを設置。ハードキーはなく、ディスプレー表示型

microSDカードは追加できない。防水非対応でキャップ類はむき出し。MHLではなく、新規格のSlimPort対応

Xperiaらしいデザイン
防水イヤホンジャックも搭載したZ1

 前機種のXperia Zと同じくガラス素材の背面。Xperiaらしい特徴的なデザインは、やはりカッコいい。側面のmicroSD、USB端子、SIMカードのスロットはさらに目立たなくなり、アルミ素材の電源ボタンを今回も搭載している。

 Xperia Zには無かったカメラボタンがあり、下部にスピーカー、その右端にストラップホールを配置。そしてようやくキャップレスで防水対応のイヤホンジャックを搭載。ワンセグ/フルセグのアンテナ用にアダプターを同梱する。

 バッテリーの取り外しは不可。大きいGALAXY Note 3とほぼ同じ重さのため、他の2機種と比べ、サイズの割にはずっしり重く感じられる。

背面のガラス素材、サイドのメタルフレームはXperia Zから継承

右下にはストラップホールも。メインキーはこちらもディスプレー表示型

ついに防水対応でキャップレスのイヤホン端子が。microUSBはキャップ付き

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン