このページの本文へ

長~く使える極上のPCケース2013 第4回

長~く使える極上のPCケース2013【Abee/Lian-Li編】

2013年11月04日 12時00分更新

文● 加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アルミケースといえばココ!
Lian-Li
PC-V750

●URL:http://www.lian-li.com/en/dt_portfolio/pc-v750/
●実売価格:2万7000円前後

一見すると普通のタワー型ケースである「PC-V750」。サイズは230mm(W)×586mm(D)×440mm(H)

 Abeeが国産アルミケースの代表とすれば、海外勢の代表はLian-Liだ。Lian-Liといえば機関車をモチーフにしたMini-ITXケース「PC-CK101」など、変化球が得意のメーカーという側面もあるが、この「PC-V750」はXL-ATXフォームファクター対応のフルアルミケースという以外はごく普通の製品に見える。さっそく外観からチェックしてみよう。

高さ440mmと普通にある製品だが、5インチベイは1基しかないので、光学ドライブにファンコンに……といろいろ装着したい人には少々使いづらい製品かもしれない。前面の半分以上を占める吸気口の内側にその理由が潜んでいる

背面に120mmファン、XL-ATX対応だけあって拡張スロットは10本まで対応する。しかし、電源ユニットが見当たらないのに気がついただろうか?

前面にはUSB 3.0が2基、2.0が1基、そしてeSATAが1基という少々半端な構成。ただでさえ今のマザーはUSB 2.0のピンヘッダが余っているのだから、USB 2.0を2基にしてほしかったところだ

天井部分には140mmのファン穴が2基。ただし天井ファン下端とマザー上端との距離が10mmないため、天井に簡易水冷キットの装着は難しいだろう

側板は通気孔なしのアルミ一枚板。最近のLian-Li製ケースは側板にピンが立ててあり、ケース本体側の穴にパチンとはめて固定する方式が増えてきているが、本製品も同様に工具の力を一切借りずに側板が着脱できる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中