このページの本文へ

電話番号やメールアドレスをクラウドで管理

法人向けの「050 plus for Biz」にBYOD向けの機能強化

2013年10月31日 10時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月30日、NTTコミュニケーションズは、法人向けの050IP電話アプリ「050 plus for Biz」において、より高いセキュリティレベルで、利用者にとって快適なBYOD(Bring Your Own Device)環境を実現する新機能の提供を開始した。

 新たに追加された「Web電話帳オプション」は、ビジネスで利用している電話番号やメールアドレスなどの電話帳などの連絡先情報をクラウド上で一元管理するもの。外出先でもスマートフォンやパソコンなど、さまざまな端末からの安全・便利な利用を可能にする。また、端末を機種変更する場合でも、電話帳データを登録し直す必要がない。

ビジネスで利用している電話番号やメールアドレスなどの電話帳などの連絡先情報をクラウド上で一元管理する「Web電話帳オプション」

 また、NTTコミュニケーションズのVPNサービス「Arcstar Universal One」のセキュアなネットワークを通じた通話が可能な「Arcstar Universal One接続オプション」も提供される。インターネットを経由せず、VPNを介した通話を行なうため、よりセキュアな通話が可能になる。

 Web電話帳オプションは、工事費が工事あたり3000円、月額料金は1IDあたり100円となる(30IDから利用可能)。Arcstar Universal One接続オプションは工事費が1万円(1工事あたり)となる。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ