このページの本文へ

赤外線LED/受光素子/DSPを一体化した素子を発表

画面に触らずジェスチャー操作が身近に! シャープ、3Dモーションセンサー用素子

2013年10月28日 14時01分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シャープが発表したDPS、赤外線LED一体型受光センサー

 シャープは、業界初となる赤外線3Dモーションセンサーに必要な素子を一体化した電子部材「GP2Y8E01」を発表、10月31日よりサンプル出荷を開始する。

 GP2Y8E01は、赤外線LEDと受光センサー、DSP(座標計算処理回路)を一体化したもので、受光センサーが捉えた手の動き(上下左右遠近)をDSPで計算した結果を出力するもの。画面に手を触れずに操作するノートPCやタブレット、スマホ、カーナビなどに搭載することが見込まれている。

 本体サイズは幅7.9☓奥行き3.9☓高さ3.4mmと小型のパッケージとなっており、インターフェースは電子部材の高速シリアル通信であるI2Cを採用。サンプル価格は1100円、量産開始は2014年3月を予定している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン