このページの本文へ

シンクライアント管理を強化する「バーチャルキャット」

「LanScope Cat7」新版で「XenApp」やRDSのログ管理追加

2013年10月25日 11時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エムオーテックスは10月25日、ネットワークセキュリティ統合管理スイート「LanScope Cat7」の新バージョンにおいて、新たにシンクライアント管理ツール「バーチャルキャット」の提供を開始した。「Citrix XenApp」やマイクロソフトのリモートデスクトップサービス(RDS)のログ管理に対応する。

 LanScope Cat7はネットワーク監視、資産管理、クライアント管理、サーバ監視などの幅広い機能群を備えた統合管理スイート。今回のバージョンアップ(LanScope Cat7 Ver.7.1.0.0)では、バーチャルキャット追加のほか、Macクライアントの管理機能追加(資産管理、操作ログ管理、Webアクセス監視、デバイス制御への対応)、Android/iOSデバイスの資産管理対応、サテライトユーザーライセンス無償提供とユーザー単位でのログ管理対応、サーバーあたりの管理可能PC台数の引き上げなどが行われている。

LanScope Cat7に追加されたバーチャルキャットのログ管理画面

従来のVDIに加え、今回SBC方式のクライアントログ管理にも対応

 今回追加されたバーチャルキャットは、XenAppやリモートデスクトップといったサーバーベースコンピューティング(SBC)方式のシンクライアント環境に対応した操作ログ管理機能を提供するツール。各ユーザーがいつ、どのアプリケーションを使って、どんな操作をしたかというログが管理できる。Citrix XenAppの認定(Citrix Ready)も取得している。

 なおLanScope Cat7は、「Xen Desktop」「VMware Horizon View」などの仮想デスクトップ環境(VDI)の操作ログ管理には従来から対応している。

 販売価格(税抜)は53万2800円から(Cat7基本機能を提供するスカウトキャットとバーチャルキャットの各サーバライセンス+50クライアントぶんのバーチャルログキャットライセンス。保守費用は別途)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ