このページの本文へ

GPSにより位置情報やメッセージをやりとり可能

JVCケンウッド、GPS搭載トランシーバーを発表

2013年10月23日 21時07分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
144/430MHz FMデュアルバンダー(50W)

 JCVケンウッドは、GPSを内蔵して位置情報やテキストメッセージの送受信が可能なトランシーバー2機種を発表、11月中旬より発売する。

 「TM-D710GS/TM-D710G」は、144/430MHz FMバンドを使用するトランシーバーで、GPS機能を内蔵し、単体でAPRS機能を運用できるのが特徴。APRS(Automatic Packet Reporting System)はアマチュア無線でデータ通信を行うプロトコルで、位置情報や気象、英文テキストメッセージのやりとりに用いられ、アマチュア無線のユーザーでは世界的に利用されいている。

 TM-D710GS/TM-D710Gでは本体に内蔵するGPSにより、最大5000ポイントまでのGPSログ記録、位置を記録/登録するマークウェイポイント機能、登録ポイントの現在位置からの方向/距離を表示するターゲットポイント機能といったアウトドア用ハンディGPS機能を搭載する。

 APRS機能とGPSを組み合わせることにより、PCを経由することなく単体で位置情報や方位、距離などを他のAPRS搭載機と共有可能(外付けGPSも接続可能)。同社製品には従来からGPSを使って位置情報をやりとりする「NAVITRA(ナビトラ)」機能が搭載されていたが、本機はAPRSに加えてNAVITRAにも対応。NAVITRAでは英数字だけでなくカタカナなども含めたメッセージをやりとりも行える。

 また、AX.25準拠のターミナルノードコントローラを搭載し、PCと接続すれば1200/9600bpsのパケット通信局として運用可能なほか、アマチュア無線用のインターネット利用技術であるEcholinkにも対応。オプションの通信ケーブルを利用してPCを接続することでインターネット経由でアマチュア無線局同士のパケット通信が可能となる。
 ボディは無線機本体と操作パネルのセパレートタイプで、卓上に設置した場合や車載した際のためにパネル部のアングルを変えられる台が付属する。電源はDC13.8V。オプションとして、キー操作を音声でナビゲーションする音声合成ユニット「VGS-1」が用意されている。
 本体サイズは幅140☓高さ43☓奥行き142mm、パネル部サイズは幅155☓奥行き38☓高さ70mm(いずれも突起部除く)、重量は本体部約1.2kg、パネル部約0.3kg。送信出力はTM-D710GSが最大50W(最小5W)、TM-D710Gが最大30W(最小2W)。価格はTM-D710GSが9万3975円、TM-D710Gが8万8725円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン