このページの本文へ

フルHDのIGZO液晶「AQUOS PHONE SERIE」をチェック!

2013年10月26日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

IGZO液晶でフルHDだけど電池持ち3日間!
AQUOS PHONE SERIE SHL23

 auから冬春モデルとして発売されるシャープの「AQUOS PHONE SERIE SHL23」。AQUOS PHONEはIGZOとS-CG Silicon、二つの液晶ラインがあるが、このSHL23は省電力に定評のあるIGZOを採用したモデルだ。

 同名の夏モデルと比較すると4.9型IGZO液晶(720×1280ドット)に対し、4.8型IGZO液晶(1080×1920ドット)と、ディスプレーサイズは縮小したものの、解像度はフルHDに対応した。しかも460ppiと超高密度である。現在、スマホの主流は5型になりつつあるが、若干コンパクトに、そして軽量化された。

 また、シャープ独自の省エネ技術「エコ技」と、3000mAhの大容量バッテリーのおかげで、電池の持ちは3日間というから驚きだ。ちなみに前モデルでも3日間の電池持ちを謳っていたが、今回はフルHDだということを考えると、かなりのロングライフだ。さらに、周囲の明るさや照明の種類、時間帯などに応じて自動で画質を調整する「ユースフィットモード」を搭載し、視認性もいい。

 スペックを見てみると、CPUは2.2GHz動作のSnapdragon 800(クアッドコア)、メモリー2GB、内蔵ストレージは16GBとちょっと少なめだが、防水・防塵含めた日本仕様がすべて搭載されている。ワンセグだけでなく、フルセグとその録画機能にも対応しているのも見逃せない。

 カメラは1630万画素で、F値1.9と暗所に強い。新機能「Night Catch」は撮影時に6枚を同時撮影し、それらの画像からノイズの除去や明るさの調整などを行なって、ベストショットを1枚残すことができる。

 端末を握っているかどうかをセンサーが判別する「グリップマジック」というUIも新搭載された。この機能は端末両サイドについているセンサーを使って、スマホを持ったらロック画面が立ち上がる、寝転がって画面を見ていても画面が回転しない、着信音を最小にしてバイブモードにするなど、多彩な機能を持っている。

 カラバリはホワイト、ブラック、ブルーの3色。

マジックグリップ。握ると自動的にロック画面が立ち上がる片手で操作しやすいように、ランチャーは右側に配置される
F値1.9は伊達じゃない! 暗い場所でもこれだけ明るくなる
防水はキャップレスではないが、そのぶんしっかりと端子を守ってくれる
音声検索の結果から直接地図などを開けるようなUIもホーム画面をこのようにコンパクトにし、片手でも指が届きやすくする
ストラップホールも完備

「AQUOS PHONE SERIE SHL23」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 4.8型IGZO液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約70×140×9.2mm(暫定値)
重量 約146g(暫定値)
CPU Snapdragon 800 2.2GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 2GB
内蔵ストレージ 16GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.2
4G LTE ○(下り最大150Mbps)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大10台)
国際ローミング LTE/GSM/W-CDMA
カメラ画素数 リア:約1630万画素CMOS/イン:約210万画素
バッテリー容量 3000mAh(交換不可)
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ ○(+フルセグ)
赤外線
防水/防塵 ○/○
SIM形状 microSIM
連続待受時間(3G/LTE) 検討中
連続通話時間(3G) 検討中
カラバリ ホワイト、ブラック、ブルー
発売時期 11月下旬以降

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン