このページの本文へ

4K画質の2Kテレビ! シャープ「AQUOSクアトロン プロ XL」

2013年10月22日 17時11分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「AQUOSクアトロン プロ XL」シリーズ5機種
「AQUOSクアトロン プロ XL」シリーズ5機種

 シャープから、4Kテレビに匹敵する解像感を実現した2Kテレビ「AQUOSクアトロン プロ XL」シリーズ5機種が発表された。

 80V型(LC-80XL10、予想実売価格88万円前後)と70V型(LC-70XL10、同68万円前後)が12月10日、60V型(LC-60XL10、同35万円前後)、52V型(LC-52XL10、同30万円前後)、46V型(LC-46XL10、同26万円前後)が11月30日に発売となる。

2Kパネルで4Kの精細感ってどういうこと?

「超解像 分割駆動エンジン」の仕組み

 新製品の技術をひとことで言うなら「1つの画素で4つの輝度を描き分けることで高精細な映像を実現する」というもの。つまり色情報は2Kで輝度情報は4K、ということだ。

 これを実現するため、本機では1画素に対して横に2分割、縦に2分割で個別に輝度を表示する「超解像 分割駆動エンジン」を採用する。

左は通常のテレビで右はAQUOSクアトロン プロ XLの画面。チャートの細かい線がきっちり書き分けられている
上の画像の線の先端をピクセル単位まで拡大。右は黄色が消えているが、赤、緑、青が点灯している

 まず、横方向は同社の“クアトロン”パネルの特性を利用する。クアトロンは赤、緑、青、黄色の4つのサブピクセルで構成されている。このうち緑と黄色は輝度ピーク(白を表示した際に主に輝度の明暗を知覚するポイント)となり、つまり1画素の中に2つの輝度ピークが存在することになる。

 この2つの輝度ピークを含むサブピクセルを個別に駆動することで、1画素の左右で白の表現が可能となり、結果2倍の解像感を達成。

 一方、縦方向は上下方向で独立した信号で駆動するため、こちらも2倍の解像感を実現している。

 上下および左右で2倍の独立した信号が必要ということは、やはり4K解像度の信号が必要となる。そこでXLシリーズでは入力された2Kの映像を4Kに一旦アップコンバートし、「解像度再構成回路」とよばれる回路でクアトロンパネルに最適化し、表示する。

 これにより、2Kテレビではあっても4K映像を「ほぼそのままの品位で」表示できるという。

 なお、4K(30p)の映像入力も可能で、その場合はアップコンバートは行なわない。また、USBメモリーなどに保存した写真なども4Kのような精細感で表示できる。

 液晶パネルは超低反射の「モスアイパネル」を採用。バックライトはLED(エッジライト方式)で、テレビコントラストは1000万:1となる。2DではTHXディスプレー規格の認証を取得しており、3D表示にも対応する。。

各種機能をフル装備! クラウドゲームも楽しめる!!

スピーカーユニットはテレビ筐体とは独立したBOX構造を採用。80V型以外は開口率が高い金属製のパンチングネットを前面に取り付けてある スピーカーユニットはテレビ筐体とは独立したBOX構造を採用。80V型以外は開口率が高い金属製のパンチングネットを前面に取り付けてある
3Way5ユニット構成のスピーカー
3Way5ユニット構成のスピーカー

 オーディオは2.1chのフロントサラウンドシステム(最大出力35W)を採用。本体背面にサブウーファーを内蔵するほか、パイオニア製のミッドレンジスピーカーとツィーターを左右1つずつ内蔵する。さらにBluetoothに対応しており、スマートフォンなどの音楽をテレビで再生できる。

「G-cluster」のゲームが遊べる 本体のみで「G-cluster」のゲームが遊べる

 同社のテレビ向けネットサービス「AQUOS City」では、クラウドゲームの「G-cluster」が利用できるようになり、コントローラーを接続すればゲームが楽しめる。

 このほか、次世代のデータ通信サービスである「ハイブリッドキャスト」への対応や、スマホ向け映像出力規格「Miracast」、DLNAサーバー機能なども搭載。外付けUSB HDDへの録画にも対応する。

買い替え需要にうってつけの製品であることをアピール

戸祭氏 同社デジタル情報家電事業本部の戸祭正信氏

 同社デジタル情報家電事業本部 液晶デジタルシステム第一事業部 事業部長の戸祭正信氏によれば、今年9月のテレビの出荷台数が2年2ヵ月ぶりに前年を上回り、回復基調にあると指摘。テレビの買い替えサイクルも従来の約10年から8年ほどに短縮されている傾向があり、買い換え需要に合わせたラインナップ展開にしているとのこと。

 また、37V型程度の画面サイズから52V型クラスの大画面テレビに買い替えると、画面の粗さが目立つが、今回の新製品であれば高精細なままテレビを楽しめるとアピールした。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン