このページの本文へ

ビッグデータ基盤、モバイルデバイスへの対応強化などの改善点

中小向けBIツール新版「SAP Crystal Solutions 2013」発売

2013年10月17日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SAPジャパンは10月15日、中堅中小市場向けのBIソリューション新版「SAP Crystal Solutions 2013」の提供を開始した。ビッグデータやモバイルデバイスへの対応強化、対応プラットフォームの拡張などが行われている。

 SAP Crystal Solutionsは、中堅中小企業や部門レベルでの利用に適した、エントリーレベルのBIソリューション。ユーザーがセルフサービス方式で情報にアクセスし、レポート/帳票、ダッシュボード、データ検索/閲覧を行える環境を整備できる。

 Crystal Solutions 2013は、「Crystal Reports 2013」「Crystal Server 2013」「Crystal Reports for Enterprise 4.1」「Dashboard Design 4.1」の各モジュールで構成される。

 ビッグデータへの対応では、インメモリコンピューティングソフトウェアの「SAP HANA」や並列処理プラットフォーム「Hadoop」との接続を強化した。さらにクラウド型Hadoopサービス「Amazon EMR(Elastic MapReduce)」にも対応した。

 モバイル対応強化では、Cryltal Serverのモバイルアプリ拡張によって、「帳票閲覧/ダッシュボード閲覧」と「分析」が1つのアプリから操作可能になった。これにより、思考の流れを中断せず、帳票閲覧から分析作業へと連続操作が可能になったとしている。

 対応プラットフォームの拡張では、多次元データベース製品である「Oracle Essbase」や「Oracle OLAP」への接続機能を追加している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ