このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第59回

国内メーカー個性派モデルでキレイな写真を撮れるのは?

2013年10月14日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

編集機能が充実した
AQUOS PHONE ss

 AQUOS PHONE ssの撮影画面はおなじみではあるものの、ちょっと目新しさが無い。撮影モード(シーン)には「銀残し」や「魚眼」「ミニチュア効果」に「手鏡モード」があり、「笑顔フォーカス」「振り向きフォーカス」と、これまでAQUOS PHONEで紹介してきた機能がひと通り揃っている。また動画撮影中の静止画撮影だが、撮影間隔はかなり遅いので、低スペックであることを実感してしまう。

AQUOS PHONEで共通のメニュー類

 画像編集は「アルバム」から。編集を選ぶと「ギャラリー」と「画像編集」を選べる。ギャラリーはAndorid標準の編集機能で、画像編集はシャープ独自の「プチエステ」や「落書き」などを用意している。

画像編集ももちろん可能

主なカメラ機能は揃うものの
独自色乏しいDIGNO DUAL 2

 撮影モードにはHDR撮影、背景ぼかし撮影、エフェクト撮影(18種類)、スマイルシャッター撮影、オートブラケット撮影が用意されている。これとは別に「撮影シーン」の設定があるものの、いかにも独自の機能となると「撮りログアルバム」くらい。これは簡単にアルバムを作成して画像を仕分けられる機能だ。

 オーソドックスな機能を揃えており、独自色は物足りない印象だが、普通に使うぶんには問題無いだろう。

 画像編集は「ファイルギャラリー」から。「エフェクトプラス」を起動するため、Android標準のものよりも、トイカメラ風の加工が中心となる。

撮りログアルバムは簡単なアルバムを作成できる

エフェクトプラスではちょっとこった加工も可能


ELUGA Pがここで1勝
キレイな写真が決め手

 高速起動と高速撮影については、平凡な結果に終わったものの、画像がキレイだったこと、そして他機種には無い、UIを使う楽しさもあり、ELUGA Pの勝利と判断した。これがELUGA最後(?)の機種かと思うともったいないなと強く感じる。

 DIGNO DUAL 2は起動時間が速くともあの写真では……という判断。カメラを売りにした機種では無いので仕方ないのかもしれない。

 AQUOS PHONE ssはスペックの印象よりだいぶ健闘しているが、最新のAQUOS PHONEを見ていると、旧世代と感じてしまう。初めて使うなら気にならないかもしれないが、もうスマホに慣れている人がカメラで選ぶ機種とは言いがたいだろう。

 次回のスタミナテストで夏モデルは最後。冬春モデルでは「3日持ち」というスタミナが売りの機種が続々登場しているが、コンパクトな夏モデルはどんな結果になるだろうか。


前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン