このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第59回

国内メーカー個性派モデルでキレイな写真を撮れるのは?

2013年10月14日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カメラの起動時間は?
DIGNO DUAL2が歴代2位タイ

 まずはカメラの起動時間をチェックしていく。ロック画面やホーム画面といったよく使う画面からの起動を見る。なおストップウォッチで3回計測だ。

  ELUGA P AQUOS PHONE ss DIGNO DUAL 2
カメラ起動速度 1秒32~1秒67
(シンプルUI/ホーム画面)
2秒14~2秒60
(3ラインホーム/ロック画面)
1秒58~1秒67
(ロック画面)
2秒39~3秒10
(フィットホーム/ロック画面)
1秒11~1秒19
(3ラインホームウィジェット)
0秒86~0秒91
(ホーム画面)

 この結果、最速がDIGNO DUAL 2となった。ホーム画面のランチャーから起動するとあっと言う間の起動。アイコンをタップすると次の瞬間には画面にシャッターボタンが表示されている。

 これが歴代2位タイの記録。ちなみに1位はHTC J butterfly HTL21の0秒8。1秒台を切る機種はこれまでも非常に少ない。

 ただしロック画面からの起動は遅く、これは指をスライドさせる必要がある点、そして起動する瞬間に一度ホーム画面が表示されるせいと思われる。

 続いて良かったのがAQUOS PHONE ss。これは3ラインホームのカメラウィジェットから起動した場合。ロック画面からはロックボタンを押し、カメラアイコンをタップと操作が多くなるため、どうしても時間がかかる。

 残念ながら3番目となったELUGA Pは最速が1秒32。docomoシンプルUIのホーム画面から起動した。フィットホームのロック画面から起動する方法も試したが、指をスライドさせてカメラアイコンを選ぶときに、若干時間がかかってしまう。慣れればもう少しタイムを縮められそうだが。

高速撮影は……平凡
むしろ悪いかも?

 続いてのテストは高速撮影(撮影間隔)のチェック。シャッターを押してから次のシャッターを押すまでの間隔を見る。こちらも3回計測した。

  ELUGA P AQUOS PHONE ss DIGNO DUAL 2
カメラ撮影間隔 1秒48~1秒99
(ゼロシャッターラグ)
1秒71~2秒24
(おまかせオート)
1秒57~1秒92
(通常撮影)
1秒32~1秒57
(連続撮影)
0秒74~1秒07
(3Mサイズ)
1秒02~1秒25
(3Mサイズ)

 最速はAQUOS PHONE ssで、0秒74。ただしこれは撮影サイズを3Mにした場合。撮影サイズを小さくするとたしかにサクサク撮れるようになるが、それでも「連打」してポンポン撮れるというほどではない。

 なお画像サイズを大きなままで「おまかせオート」で撮影すると、撮影間隔は1秒71が最速。2秒台前後だと「速い」と感じるのは難しい。とくに最近はこの撮影間隔を重視している機種が多く、比較するとより遅く感じてしまう。

 DIGNO DUAL 2も3Mサイズで撮影すると1秒02だが、通常撮影のままでは最速でも1秒57。シャッターを押してから少々間を感じてしまう。

 タイムだけを見ると3位となったELUGA Pだが、こちらはサイズを小さくしてはいない。「ゼロシャッターラグ」という、素早く撮影できる設定を有効にして撮影し、「連続撮影」の場合も試したが、やや「連続撮影」のほうが有利。撮影サイズが大きいままなら1位なのだが。

 3機種とも歴代機種と比較すると、とりたてて高速と言える結果ではなかった。撮影サイズを考えるとむしろ成績は良くない方だった。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン