このページの本文へ

影響力あるSNS、1位「ツイッター」・2位「フェースブック」

文●通販通信

2013年10月10日 01時40分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

image  日本通信販売協会は10月9日、設立30周年を記念して、通販の現在と将来について、事業者や消費者に幅広く情報発信する「ジャドマ通販研究所」を開設した。

 第一弾として過去1年以内にネット通販を利用した男女15歳~69歳を対象にしたインターネットリサーチ「ネット通販に関する消費者実態調査2013」を行い、その結果を発表した。

 調査結果によると、ネット通販利用時の商品選びで今後影響を受けやすいと思うSNSを聞いたところ、20.8%が今後影響を受けやすいSNSがあると回答した。また、SNSの影響力を予想した208人が影響力のあるとしたSNSは「Twitter」(48.1%)、「Facebook」(41.8%)、「LINE」(27.9%)だった。

 このほかネット通販で品物を検討する際は、「ネット上の様々なおすすめ情報を参考にする」(69.8%)、「(ブログ、SNSなど)リアルな友人知人のおすすめ情報」(46.0%)、「その道のプロのおすすめ情報」(37.3%)、「(ブログ、SNSなど)会ったことは無いが、自分と趣味が合う人のおすすめ情報」(36.2%)、「芸能人のおすすめ情報」(19.5%)となった。

 調査期間は8月30日~9月3日、有効サンプルは1000件。

 ■ジャドマ通販研究所( http://www.jadma.org/tsuhan-kenkyujo/

カテゴリートップへ

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く