このページの本文へ

レスポンシブ本の著者に学ぶ無料ハンズオンセミナー

2013年10月11日 13時00分更新

文●Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 Web Professional編集部は、書籍レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック(菊池 崇著、アスキー・メディアワークス刊)の刊行を記念して、10月22日、読者限定のハンズオンセミナーを開催します。

 本セミナーでは、著者である菊池 崇氏を講師に迎え、本書の基礎編の内容をもとにレスポンシブWebデザインの基本を解説します。各自持参したPCでサンプルサイト「カフェ ビーン」を実際に制作しながら、レスポンシブWebデザインで特につまづきやすいポイントを重点的に学習するほか、参加者からの質疑も受け付けます。

「本を買ってみたものの、手を動かす時間がなかなかない」「そろそろレスポンシブWebデザインを学びたいけど、きっかけがない」という方にぴったりのセミナーです。

 参加は無料ですが、本書の事前購入とセミナーへの申し込みが必要です。詳細とお申し込みは以下から。

『レスポンシブWebデザイン』刊行記念
ハンズオンセミナー

日時
2013年10月22日(火)19:00〜21:00(18:45開場)
主催
株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス
Web Professional編集部
会場
アスキー・メディアワークス 14F会議室
(東京都千代田区富士見一丁目8番地19号 角川第3本社ビル)
定員
40名
講師
菊池 崇氏(『レスポンシブWebデザイン』著者)

世界最高峰のカンファレンスWeb Directions Eastの代表。大手IT企業、システム会社、Web制作会社のコンサルティングを行う。企業向け研修、イベント出演、書籍の執筆などを行う。自身でも大手通信会社のアプリ案件のUIを担当。モバイルファースト、レスポンシブWebデザインなど最新情報を日本のWebメディアにいち早く寄稿し話題を提供している。
参加費/参加条件
無料/書籍『レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック』を事前に購入済みの方
対象
・HTMLとCSSの基礎が理解できている方
・独力で静的なWebサイトが制作できる方
・これからレスポンシブWebデザインを学びたい方
持ち物
・書籍『レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック』
※書籍の当日販売はありません。必ず事前に購入し、できるだけ目を通しておいてください。
・筆記用具
・ノートPC

レスポンシブWebデザイン
マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック


Image from Amazon.co.jp
レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック (WEB PROFESSIONAL)

菊池崇 著

  • 定価:2,625円 (本体2,500円)
  • 発売日:2013年7月31日
  • 形態:B5変 (232ページ)
  • ISBN:978-4-04-886323-0
  • 発行:アスキー・メディアワークス
  • 発売:KADOKAWA

目次

第1章[導入編]マルチデバイス時代とレスポンシブWebデザインの誕生
[1-1]レスポンシブWebデザインとは
[Follow up1]レスポンシブWebデザインを支える「モバイルファースト」のコンセプト
第2章[基礎編]サンプルで学ぶレスポンシブWebデザインの基本
[2-1]レスポンシブWebデザインのワークフローと画面設計
[2-2]HTMLの用意とリセットCSSの作成
[2-3]フルードイメージの導入とタイポグラフィの基本設定
[2-4]ヘッダー/フッターとコンテンツ領域のスタイリング
[2-5]メディアクエリーの設定とグリッドデザインの導入
[2-6]フルードグリッドへの変換
[2-7]レスポンシブタイプセッティング
[Follow up2]Viewportを理解しよう
[Follow up3]メディアクエリーを使いこなす
[Follow up4]フルードグリッドの必要性
[Follow up5]次の新しい単位「rem」
[Follow up6]スマートフォンで文字を見やすくするテクニック
第3章[実践編]商用サイトで通じるプロのテクニック
[3-1]リセットCSSの最適化
[3-2]Less Frameworkを利用したグリッドレイアウト
[3-3]レスポンシブイメージの実装
[3-4]高解像度ディスプレイへの対応
[3-5]ナビゲーションパターンとレイアウト設計
[3-6]テーブルとビデオのレスポンシブ化
[Follow up7]srcset属性によるレスポンシブイメージの標準化
[Follow up8]デザイニングインブラウザーを助けるツール
第4章[応用編]高度なレスポンシブWebデザインの実践
[4-1]文字数をベースにしたブレイクポイントの設定
[4-2]パフォーマンス改善の基本
[4-3]Data URIとアイコンフォントによるHTTPリクエストの削減
[4-4]画像の最適化によるパフォーマンスの改善
[4-5]ソーシャルメディアボタンの最適化
[4-6]これからのレスポンシブWebデザイン
[Follow up9]パフォーマンス計測ツールの利用
[Follow up10]スマートテレビとレスポンシブWebデザイン

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

Webディレクター江口明日香が行く