このページの本文へ

ソニー、VAIO最新モデル発表会—PCならではの生産性、創造性を追求

2013年10月08日 22時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは、VAIOの新製品として、ノートPCで13機種、タブレットPCで1機種、テーブルトップPCで3機種の4シリーズ17機種を発売する。

 ノートPCとしての操作性を維持しながら、タブレット用途としても使える機構を採用した「VAIO Fit 13A」「VAIO Fit 14A」「VAIO Fit 15A」のほか、VAIO Tapシリーズに新たに11型液晶ディスプレーモデルとして「VAIO Tap 11」を追加し、PCとタブレットの両方で使える提案を行なった。また、画面角度を自由に調整し、複数人でも楽しめる21.5型液晶ディスプレーを搭載した「VAIO Tap 21」を発売する。

 なお、今回の新製品では基本的にはWindows 8をプリインスートルしている。「Windows 8.1の最大のポイントは“インスタントゴー”の機能である。その機能をサポートとしているVAIO Duo 13のみをWindows 8.1とした。Windows 8.1はアップデートであり、お客様がアップデートしていくことを支援していくことになる」(ソニー 業務執行役員SVP VAIO&Mobile事業本部・赤羽良介本部長)とした。

ソニー 業務執行役員SVP VAIO&Mobile事業本部・赤羽良介本部長

「VAIO Fit」—新発想のマルチフリップヒンジを採用

 VAIO Fitでは、新発想のマルチフリップヒンジを採用することで、天板に設けたラインを軸に、液晶ディスプレーが回転。ノートPCとして利用する「キーボードモード」、映像コンテンツ視聴に適した形状を実現する「ビューモード」、タッチ操作を快適に行なえる「タブレットモード」へと形状を容易に変更できるのが特徴だ。

 「妥協のない性能を備え、用途にあわせてカタチを変える新しいノートPC。3 VIEW STYLEによって、新しいPCの使い方を提案する」(ソニーマーケティング ITマーケティング部・下野裕統括部長)と位置づけた。

クリエイティブな作業や、生産性向上を意識した「VAIO Inspiration Suite」

 そのほか、様々なコンテンツの撮影や資料の効率的な作成に適したVAIOならではのユニークなアプリケーション群として「VAIO Inspiration Suite」を導入。「撮る、観る、加工するという観点から、クリエイティブな作業や、生産性を高めたい作業に活用することを、VAIO Inspiration Streamと呼び、一連の作業をスムーズに行なえるようにしたい」と位置づけた。

スマートフォン/タブレットの快適さ、PCならではの創造性/生産性を実現

 ソニー 業務執行役員SVP VAIO&Mobile事業本部・赤羽良介本部長は、「PC市場は縮小しているが、それはインターネットに接続する機器がPCだけでなく、スマートフォンやタブレットへと広がり、それでいてそれらの機器は“すぐに起動する”、“いつもネットにつながっている”、“タッチで直感的に利用できる”、“バッテリー駆動時間が長い”といった特徴がある。VAIOが目指すものは、スマートフォンやタブレットのような快適さを実現することに加えて、PCならではの機能である創造的、生産的なことを実現することで、喜びと楽しさを提供していくことにある。そして、VAIOは、『よく学び、よく働き、よく遊べ』という心を刺激し、それを支援する特別な存在になりたい」などとした。

 今回の新製品では、「新しいカタチ」をコミュニケーションメッセージとし、「PCおよびタブレットによる新たな体験を提供するための新たなカタチを実現した。ホームノートPC、モバイルノートPC、テーブルトップPCのすべての領域において、PCとタブレットによる利用提案を行なえる環境が整った」(ソニーマーケティング ITマーケティング部・下野裕統括部長)とする。

ソニーマーケティング ITマーケティング部・下野裕統括部長

 ソニーによると、ホームノートPC市場から約1割のユーザーがタブレットへ流出し、購入サイクルは5.5年からさらに延長する傾向にあり、それが、PC市場の停滞につながっているとする。

 「VAIOでできることの拡大、VAIOだからこその提案により、PCの新市場、再活性化を目指したい」(下野統括部長)とする。

 同社では、タプレットモードの拡大によるVAIOの新たな利用提案と、フォトソリューション対応拡大によるVAIOのさらなる活用提案を、年末商戦に向けたVAIOのマーケティング戦略の軸に据える考えだ。

インテル 宗像義恵副社長

 なお、2013年度の620万台の年間出荷目標については、「ロシア、インド、メキシコなど、予想を大きく下回り厳しい国もある。620万台の達成は容易ではないが、新たな製品群も用意できた。その計画の達成に向けて取り組んでいく。Windows XPの買い換え需要は、法人では追い風の兆候があるが、個人ではまだ影響がみられない」などと述べた。

 会見に参加したインテルの宗像義恵副社長は、「VAIOらしいデザインと、ソニーらしい技術、それにインテルの最新技術が組み合わさった製品。ユーザー体験を広げられるものとして期待している。ソニーはUltrabookの最高峰から、エントリーレベルまで幅広いの製品で、幅広いニーズに対応している。進化し続けるノートPCの市場において、2in1は主役になる。その市場において、ソニーの役割に期待している」などと語った。

ソニーストア

ソニーストア

ソニーストア

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画