このページの本文へ

最強AQUOS PHONEはソフトバンクから!? 新型Xxをフォトレポ

2013年10月05日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

画面は5.2型になっても 本体サイズはほぼそのまま

 AQUOS PHONEシリーズのフラッグシップモデル「AQUOS PHONE Xx 302SH」(シャープ製)。5.2型のS-CGSilicon液晶ディスプレーはフルHD(1080×1920ドット)に対応し、ディスプレーサイズが大きくなりながらも、端末サイズは夏モデルの「AQUOS PHONE Xx 206SH」よりスマートになった。

 スペックはCPUは2.2GHz動作のクアッドコア(Snapdragon 800)、メモリーは2GB、内蔵ストレージは32GB、microSDXC(最大64GB)カードに対応する。リアカメラ1630万画素(フロントカメラは120万画素)、F値1.9のレンズで暗い場所でも明るく撮影できるのが強味である。シャープ独自の画像処理チップを搭載しており、色彩、彩度、明度まで色調整をできる。バッテリーは2600mAhで、取り外しはできないタイプだ。

5.2型なので、本体はそれなりに大きいが前モデルよりサイズダウンしている

 カメラを利用したリアルタイム翻訳機能「翻訳ファインダー」は、カメラで看板など英語が書かれているものにかざすと、自動的に翻訳してリアルタイムに表示してくれる。気になった単語をブラウザーや百科事典で調べることもできるので、海外旅行のお供に最適だ。

 従来モデルと同様にフルセグチューナーを搭載、カラバリに合わせた色の卓上ホルダーも同梱される。

サイドには電源キーとmicroUSB端子、そしてクレードル用の充電端子
上部にはキャップレス防水のイヤホンジャックとmicroSDカードやSIMスロット、そしてワンセグアンテナがある。下部はマイクだけでなくストラップホールもある
上部と左右のベゼルが極端に狭い狭額縁デザイン。インカメラはなんと下についている
カメラは1630万画素というだけでなく、F値1.9のレンズを採用しているので、屋内の撮影に強いのがポイント
端末の下側にストラップホールが完備されているキャップレスではないので、フタの閉め忘れに注意したい
翻訳ファインダー。現在、対応言語は英語のみだが、今後はほかの言語も検討しているとのこと
ベースが302SHのディズニーモバイル DM016SH。中身はまったく同じだが、この端末専用のアプリがプレインストールされている。カラバリはこの1色のみ。リリースは2014年1月を予定している
「AQUOS PHONE Xx 302SH」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 5.2型S-CGSilicon液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約70×132×9.9mm(暫定値)
重量 147g(暫定値)
CPU Snapdragon 800 2.2GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー(RAM) 2GB
内蔵ストレージ(ROM) 32GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.2
4G対応 下り最大110Mbps
(AXGP/FD-LTE)
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:約1630万画素CMOS/イン:約120万画素CMOS
バッテリー容量 2600mAh(交換不可)
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ ○(+フルセグ)
赤外線
防水/防塵 ○/ 
連続待受時間
(3G/LTE)
未定
連続通話時間(3G) 未定
カラバリ ラピスブルー、ホワイト、ブラック、ピンク
発売時期 12月上旬以降

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン