このページの本文へ

デジタルの最先端を知る、CEATEC 2013第1回

テレビ復活!? 明日開幕「CEATEC JAPAN 2013」の見どころ

2013年09月30日 20時04分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 10月1日から5日の期間、千葉県・幕張メッセで開幕する「CEATEC JAPAN 2013」。それに先立ち30日、プレス向け内覧会が開催された。

 展示で特に多かったのがテレビ関連製品だ。ここではテレビ関連の展示を中心に、会場の見どころを写真で紹介する。

2K最強画質テレビが間近で見られる東芝ブース

東芝ブースは先日発表した「REGZA Z8/J8」シリーズを前面に押し出して展示
東芝ブースは先日発表した「REGZA Z8/J8」シリーズを前面に押し出して展示
参考展示で8型のWindows 8.1タブレットが展示してある 参考展示で8型のWindows 8.1タブレットが展示してある

こちらも高画質2Kテレビを参考展示! シャープブース

1/4画素の駆動を個々にコントロールできる「AQUOS クアトロン プロ」を参考展示するシャープブース
1/4画素の駆動を個々にコントロールできる「AQUOS クアトロン プロ」を参考展示するシャープブース
シャッター構造の「MEMS」(Micro Electro Mechanical Systems)を採用した次世代IGZOパネルの参考展示も シャッター構造の「MEMS」(Micro Electro Mechanical Systems)を採用した次世代IGZOパネルの参考展示も

4K一色のパナソニックブース

4KのVIERAをいたるところに展示してるパナソニックブース。いろいろな用途提案をしている
4KのVIERAをいたるところに展示してるパナソニックブース。いろいろな用途提案をしている
参考展示で4Kビデオカメラが。すでにソニーが製品を発表してるが、こちらはいつごろ登場するのか!?

4Kで復活!? 有機ELディスプレーを展示するソニーブース

ソニーブースでは56型の有機ELディスプレーを参考展示。もちろん4K解像度だ
ソニーブースでは56型の有機ELディスプレーを参考展示。もちろん4K解像度だ

レーザーバックライトテレビも4Kに! 三菱ブース

三菱電機のブースでは、レーザーバックライトを採用した65V型4Kテレビを参考展示。ただし、製品化されるとしても来年以降の見込みだ
三菱電機のブースでは、レーザーバックライトを採用した65V型4Kテレビを参考展示。ただし、製品化されるとしても来年以降の見込みだ

NUCで4K出力! インテルブース

NUCで4Kテレビに出力。HTML 5上で4K動画を再生している、というデモ
NUCで4Kテレビに出力。HTML 5上で4K動画を再生している、というデモ
4K出力は次世代のHaswell採用NUCで実現するという。なお、HDMIは1.4なので30p出力となる 4K出力は次世代のHaswell採用NUCで実現するという。なお、HDMIは1.4なので30p出力となる

NHKは8Kを展示

NHKのブースでは4Kのさらに先を行く8K解像度の展示を行なっている
NHKのブースでは4Kのさらに先を行く8K解像度の展示を行なっている

ドコモの新端末やパイオニアの無線BDドライブなど
テレビ系以外の展示も盛りだくさん!

NTTドコモブースでは同社ロゴ入り「Xperia Z1」の展示や「GALAXY Note 3」とスマートウォッチの連携デモなどが行なわれている
新サービスの参考展示もあるようだが、本日はまだ設営中で見られなかった
パイオニアの無線で映像を飛ばせるBDドライブのデモ。左のWindowsタブレットで再生している 同じくパイオニアブースで参考展示されていた「シースループロジェクション」。特殊なガラスに投影することで映像が透き通って見える
パイオニアの無線で映像を飛ばせるBDドライブのデモ。左のWindowsタブレットで再生している同じくパイオニアブースで参考展示されていた「シースループロジェクション」。特殊なガラスに投影することで映像が透き通って見える

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン