このページの本文へ

Pioneer「BDR-WFS05J」

ワイヤレス接続対応のポータブルBlu-ray Discドライブ

2013年09月28日 22時19分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ワイヤレス接続に対応した世界初のポータブルBlu-ray Discドライブ「BDR-WFS05J」が、パイオニアから発売された。

パイオニアから発売されたワイヤレス接続に対応した世界初のポータブルBlu-ray Discドライブ「BDR-WFS05J」

 「BDR-WFS05J」は、ドライブ本体と無線LAN機能を持つ専用ドックで構成されるワイヤレス接続に対応したポータブルBlu-ray Discドライブの新製品。標準的なルーター経由に加えて、高速USB仮想化技術による直接接続が可能。実測70Mbpsの高速伝送を実現し、ワイヤレスでも高画質・高音質なBlu-ray Discのコンテンツを楽しめる。
 無線LAN規格はIEEE 802.11a/b/g/n、セキュリティーはWEP/WPA/WPA2で、接続範囲は約10m。有線インターフェイスはUSB3.0を備え、電源供給はUSBバスパワーと同梱のACアダプター駆動に対応する。

標準的なルーター経由に加えて、高速USB仮想化技術による直接接続が可能。実測70Mbpsの高速伝送を実現し、ワイヤレスでも高画質・高音質なBlu-ray Discコンテンツを楽しめる
ドライブ本体と無線LAN機能を持つ専用ドックで構成される。そのため設置場所を選ばずに使用可能だ
オーディオCDを独自アルゴリズムで読み取る原音再生技術「PureRead2+」、動画や音楽再生時に動作音を抑える「アドバンスド静音ファームウェア」など、パイオニア独自技術を搭載

 書き込み速度は、BD-R×6倍速、BD-R DL×6倍速、BD-R TL×4倍速、BD-R QL×4倍速、BD-R(LtH)×6倍速、BD-RE×2倍速、BD-RE DL×2倍速、BD-RE TL×2倍速、DVD-R×8倍速、DVD-R DL×6倍速、DVD-RW×6倍速、DVD+R×8倍速、DVD+R DL×6倍速、DVD+RW×8倍速、DVD-RAM×5倍速、CD-R×24倍速、CD-RW×24倍速。バッファーサイズは4MB。
 ソフトウェアは、CyberLink製Power DVD10、Power Director10、Power Producer 5などが付属。今後のファームウェアバージョンアップによりMac OSもサポート予定だ。
 販売しているのはBUY MORE秋葉原本店。価格は2万4480円となっている。

高速USB仮想化技術による直接接続が可能なアクセスポイントモードとルーターを経由して接続するステーションモードを搭載。ドッグ裏面で切り替え可能だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中