このページの本文へ

WEB会議はセキュリティが心配・・・そんなシステム管理者の不安を払しょくできるWebシステムとは?

2013年09月26日 09時10分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

WEB会議はセキュリティが心配・・・そんなシステム管理者の不安を払しょくできるWebシステムとは?

企業のシステム管理者にとって大きな問題はセキュリティではないでしょうか。誰でも簡単に利用できるWeb会議システムで、機密性の高い会議や外出先から会議に参加しても本当に大丈夫なのか?TeleOfficeの管理単位はログオンIDとなり、個人以外のアクセスが制限されます。また利用時の全ての通信を暗号化し、ID/パスワードの他に、固体認証により徹底管理を行っています。


<TeleOfficeのセキュリティ>

◆ログオンIDによる管理
TeleOfficeでは、登録された会議や資料のセキュリティ管理の単位はログオンIDとなります。自分が参加する会議および会議資料については自動的にアクセスが許可されます。逆に自分が参加しない会議については参加・資料の閲覧・ダウンロードなど全ての機能が制限されます。

◆通信は全て暗号化
各クライアントからサーバまでの全ての通信は、銀行のインターネットバンキングで利用されているSSLやAESにより暗号化されており、外部から覗き見される心配はありません。(図)

◆固体認証による管理
モバイル端末の紛失・盗難や、フィッシングによるID/パスワードの漏えいにも対応できるよう、TeleOfficeへの全てのアクセスについてID/パスワードに加えて端末単位での認証を行っています。紛失した端末のアクセス権の削除や、許可されていない端末からのアクセスを許可しない設定が可能です。(図)


<TeleOfficeの利用シーン>

◇外出先からミーティングに参加
タブレットやスマートフォンからでも参加でき、映像・音声や資料の共有だけでなく、タブレットからは直接資料への書き込みだけでなく、参加者を呼び出してミーティングを開催することも可能です。インターネットにつながる環境さえあれば、場所に縛られることなく、客先のアポイントメントの空き時間にミーティングに参加できます。

◇現場との連携
現場にいる現場監理者は、ブレットやスマートフォン内蔵のカメラで撮影した写真をその場でアップロードし、本社や設計事務所とすぐに共有できます。会議室や会社にいながら現場に指示をし、正確且つ迅速な対応が可能になります。アップロードされたデータは、拡大しても画像がにじまないため設計図面や写真の表示に適しています。

◇会議資料の自動保存でペーパレス化
ExcelやPowerPointでアップロードされた会議資料や会議中に書き込まれた資料のデータ、自分で書き込んだ資料・メモも全てクラウドに保存されます。参加出来なかった会議の資料もクラウドから確認しダウンロードもできるため、他の参加者から資料をコピーしてもらう必要はありません。

◇容量無制限でクラウドに資料を保存
TeleOfficeの管理単位はログオンIDとなっています。会議で利用された資料だけではなく、会議でまだ利用されていない資料の保存ができます。容量に制限はないため、持ち歩けるマイフォルダとして自由に利用頂けます。好きな時に資料のチェックができ、必要に応じてパソコンにダウンロード。重たい資料の持ち歩きや膨大なファイルの保管にもう苦労しません。

◇バーチャル営業同行で業務効率アップ
技術的な打ち合わせで技術者が同行できない場合、クライアント先にタブレット(またはPC)から<TeleOffice>に接続し技術者につなぎます。技術者は、オフィスの自席やミーティングテーブルからPC(またはタブレット)から<TeleOffice>に接続し説明を行います。技術的な質問にその場で回答できることで顧客満足度の向上が期待でき、更に成約までのスピードがアップします。


※その他事例はこちらから
http://ideep.com/case/index.html



<TeleOfficeの特長>

■資料の共有
会議資料を参加者全員で共有。ページめくりや拡大、書込み内容も全て同期・共有されます。 参加者は会議終了後に 資料と書き込みをダウンロード可能です。

■ビデオ会議
H264方式採用により、ブロックノイズの少ない高品質な映像を実現しました。
3G回線でも利用可能です。

■マルチOS対応
Windows、iOS、Androidに対応をしています。
タブレットだけではなく、スマートフォンからもビデオ会議に参加できます。

■セキュリティ
通信は全てSSLで暗号化をしており、通信中に情報が盗まれることはありません。
ログインはID/パスワードに加えて、利用できるデバイスを個体認証することも可能です。


※TeleOfficeのカタログダウンロードはこちらから
https://www.ideep.com/inquiry/download.html

<お問い合わせ>
iDeepソリューションズ株式会社
インダストリー・セールス部 担当:木村
Tel:03-5446-8490 
Mail:marketing@ideep.com


【付帯情報】
・TeleOfficeならセキュリティも万全!
http://itm.news2u.net/items/output/116287/1


News2uリリース詳細へ

  • TeleOfficeならセキュリティも万全!

News2u リリース詳細へ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画