このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

マウスコンピューターのゲーミングPCをレビュー

Ivy Bridge-E搭載で進化した「NEXTGEAR i840」の実力

2013年09月26日 11時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」において、スタイリッシュさと機能性を兼ね備えたスタンダードゲーミングPC「NEXTGEAR」シリーズ。その中でも最上位モデルが、インテルのハイエンドデスクトップPC向け最新CPU「Ivy Bridge-E」の搭載でさらなるパワーアップを遂げた。今回は、この新生NEXTGEAR i840の実力をチェックしていこう。

「NEXTGEAR i840」

試用機の主なスペック
CPUIntel Core i7-4930K(3.40GHz)
チップセットインテル X79 Express チップセット
メモリ32GB
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 780
ストレージ128GB SSD+2TB HDD
通信機能1000BASE-T
インターフェースDVI-I×1、DVI-D×1、DisplayPort×1、キーボード&マウス兼用PS/2端子×1、USB 2.0端子×10(上部×2、背面×8)、USB 3.0端子×4(上部×2、背面×2)、有線LAN端子、eSATA×2、S/PDIF×2(コアキシャル×1、角型×1)、ラインイン、ラインアウト、ヘッドフォン、マイク入力(モノラル 前面×1、背面×1)、リアスピーカー、センター・サブウーファー、サイドスピーカー
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ
カードスロットマルチカードリーダー(SDXC/SDHCを含むSDメモリカード、Pro/Micro(M2)を含むメモリスティック、xDピクチャーカード/MMC4.0を含むマルチメディアカード)
本体サイズ/重量幅190×奥行き543(フロントパネル取り外し後:470)×高さ450mm/重量約11.3kg
OSWindows 8 64bit


 

(次ページ、「西洋風の鎧兜を連想させる精悍なフロントマスクはそのままに」に続く)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ