このページの本文へ

[重複コンテンツその2] レスポンシブWebデザインは重複コンテンツ扱いになりますか?

2013年09月24日 11時20分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

重複コンテンツシリーズその2。この質問を初めて受けた時、全く質問の内容を理解できなかったのですが、なるほど、そういう解釈をする人もいるんですねと思い知らされたのでメモとして。

レスポンシブWebデザインを採用した場合、デバイス(ブラウザ)のスクリーンサイズに合わせて可変的にレイアウトが変化するわけですが、スクリーンの大きさが4インチのデバイスA と、13インチのノートPC(デバイスB)では、画面の表示に違いがあるでしょう。この時に、質問者の方は「画面の表示は大きく異なるが表示するコンテンツ(情報)自体は同じだから、重複コンテンツに該当するのではないか?」という疑問を持って質問をしてきたわけです。

これはレスポンシブWebデザインが技術的にどのように実現しているかを理解していれば、重複コンテンツか否かの判断はできますよね。つまり1つのHTMLファイルをCSSで制御しているわけで、アクセスしているものは同じ1つのファイルなのです。質問された方は、(画面表示が違うからその数だけ別のファイルが生成されていると)勘違いをされていたものと思われます。

レスポンシブWebデザインは重複コンテンツには該当しません。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く