このページの本文へ

米Google、検索のSSL暗号化を拡大 - Googleアカウントのサインイン/アウト問わず暗号化へ

2013年09月24日 05時25分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Googleが検索利用者のプライバシー保護を目的として、検索のSSL暗号化を拡大する。これまで同社はGoogleアカウントにサインインしているユーザーやChromeの検索窓を対象にSSLによる暗号化を実施していたが、これをアカウントの有無を問わず全ての検索利用者を対象とする。

米国家安全保障局(NSA)の監視活動を受けた対応。Google AdWords広告のクリックを除く全ての検索の安全性は高まるが、企業にとって価値のある検索リファラというマーケティングデータが取得できなくなる割合も更に増加することになる。検索の暗号化率を監視している"(NotProvided) Count" のデータを見ると、直近で暗号化率が急激に増えている

We added SSL encryption for our signed-in search users in 2011, as well as searches from the Chrome omnibox earlier this year. We’re now working to bring this extra protection to more users who are not signed in. [Post-PRISM, Google Confirms Quietly Moving To Make All Searches Secure, Except For Ad Clicks, SearchEngineLand, Sep 23, 2013]
Google SSL 検索
https://support.google.com/websearch/answer/173733?hl=ja

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く