このページの本文へ

検索ワードを具現化、ヤフーが3Dプリンタ融合の新サービス

2013年09月19日 01時13分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

「さわれる検索」マシン ヤフーは9月17日、次世代インターネットサービスに関する新コンセプトモデル「さわれる検索」と、新コンセプトを具現化した「さわれる検索」プロジェクトを発表した。

 「さわれる検索」とは、3Dデータベースと3Dプリンタを融合させることにより、音声入力によって認識されたキーワードの「立体物」を3Dプリンタからの出力によって生成し、アウトプットする仕組み。

 同社は「さわれる検索」プロジェクトとして、筑波大学附属視覚特別支援学校(盲学校)に導入。9月4日にはテスト導入として、実際に盲学校の生徒を対象に「さわれる検索」プロジェクト特別授業を実施し、13日まで学校内に試験的に設置した。本格導入として、9月20日~10月18日まで設置する。その後は有効利用が可能な機関を選定し、「さわれる検索」マシンを寄贈する予定という。

 なお、17日にプロジェクトサイトを開設し、企業や一般から3Dデータを募集することで、より多くの3Dデータを収集し「さわれる検索」プロジェクト用として蓄積していく。

 ■「プロジェクトサイト」(http://sawareru.jp

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く