このページの本文へ

イー・モバイル、1.7GHz帯実験で291Mbps! 周波数割当をアピール

2013年09月18日 16時45分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東京オリンピックに向けて
高速モバイルブロードバンドを整備したい

 イー・アクセス(イー・モバイル)は、本日18日、周波数1.7GHz帯を使ったフィールド実証実験の結果を発表。香川県高松市で行なわれたLTE実証実験(下り最大300Mbps)で291Mbpsを記録した。

 冒頭のスピーチを担当した、イー・アクセス 取締役名誉会長の千本倖生氏は「現在のモバイルデータ通信は、高品質で高速、そしてリーズナブルなものが求められている。データのトラフィックは2007年に当社が参入する前の約200倍になったが、利用料金は3880円と1/3以下になった」と現状のLTEなどの状況を説明した。

 そのうえで、今回同社がフィールド実証実験を行なった1.7GHz帯の5MHz(F0)は同社の隣接帯域であり、すでに端末は対応しているのでより良いサービスをすぐにでも提供できるとのこと。「F0帯という有限希少な帯域を使って、連続20MHz幅の高速通信サービスを安く提供できるのは弊社だけ」と千本氏は自信を見せた。

イー・アクセス 取締役名誉会長 千本倖生氏イー・アクセス 代表取締役社長 エリック・ガン氏

 なお、1.7GHz帯は総務省からイー・アクセスに割り当てられた周波数だ。この実証実験の結果は下記の通り。

  • 「10MHz+10MHz幅 CA(キャリアアグリゲーション)」と「連続20MHz幅」の評価では、後者のほうが下り伝達速度が高いことを確認。
  • 「4×4 MIMO」と「2×2 MIMO」の評価では、両方の式とも規格上の下り最大速度に近いスピードを確認(4×4 MIMOで291Mbps)。
  • 「2×2 MIMO」の評価では、既存のUSBスティックタイプの端末「GL08D」で148Mbpsを記録。

 イー・アクセス 代表取締役社長のエリック・ガン氏によると、この実験の結果「最高速度は291Mbpsだが、平均でも250Mbpsほど記録していた」とのこと。下り最大300Mbps(4×4 MIMO 20MHz)と下り最大150Mbps(2×2 MIMO 20MHz)の、両方の実験を行ない、後者では同社の端末である「STREAM X」、「GL08D」、「GL06P」の3機種での実験も行なっている。

5MHz帯を使うことで、ドコモなどと同等な競争ができるという実験ではどの端末でもかなりの速度が出たようだ
モバイルデータ通信でこの速度が日常的に使えるようになったら画期的だすでに発売されている端末でも、このくらいの速度が出る

 エリック氏は「7年計画で東京オリンピックのおもてなしに向けて、225Mbpsサービスを提供できるようにする。オリンピックのために高速のモバイルブロードバンド環境を作りたい。そして、2015年までには人口カバー率95%を目指します。5MHzがあれば15MHzを使って連続20MHz幅のサービスができる。電波の有効利用ができるんです」と、同社が周波数の割当を希望している5MHz帯の重要さについて、改めて力説した。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン