このページの本文へ

カシオ計算機が「Oracle WebCenter Sites」でグローバルWebサイトの多言語コンテンツの管理を強化

2013年09月18日 11時10分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カシオ計算機が「Oracle WebCenter Sites」でグローバルWebサイトの多言語コンテンツの管理を強化

~導入後、ページ閲覧数が最大10倍に増加。スマートフォン対応サイトも一元管理~

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:デレク・エイチ・ウイリアムズ、以下 日本オラクル)と株式会社ジークス(本社:東京都千代田区神田神保町、代表取締役社長 渡辺 浩、以下 ジークス)は本日、カシオ計算機株式会社(本社:東京都渋谷区本町、代表取締役社長:樫尾 和雄、以下 カシオ計算機)がオラクルのWebエクスペリエンス管理製品「Oracle WebCenter Sites (オラクル・ウェブセンター・サイツ)」を導入し、8種類の言語で展開するグローバルWebサイトのコンテンツ管理機能の強化と複数言語展開の迅速化が実現したことを発表します。

「Oracle WebCenter Sites」導入の結果、ページ閲覧数はWebサイト全体で約2倍増加*しました。特に韓国語版では約10倍も増加*しています。また、スマートフォン対応サイトを含む複数言語サイトでの展開を同時に管理することが可能になり、翻訳や更新に係る作業量は約30パーセント軽減*されました。
* カシオ計算機調べ。2011年当時と2013年前半との比較

カシオ計算機は、時計や電卓をはじめ、電子辞書、電子楽器、デジタルカメラ、電子レジスター、プロジェクターなど多種多様な商品を取り扱い、140カ国に提供しています。時計だけで1,000モデル以上も存在するため、Webサイトの総ページ数は約5,000ページに達します。また、グローバルの各拠点のマーケティング活動を最適化したいという要望に応えるため、Webサイトの現地語化を促進しており、それらを実現する機能を必要としていました。

同社では、製品情報管理、多言語管理機能を有するCMS*を同一基盤上で実現でき、部品管理による効率的なWebページの更新ができる特長を評価し、「Oracle WebCenter Sites」を採用しました。多言語化の対象となったのは、中南米向けのスペイン語版とポルトガル語版、韓国語版、タイ語版、ベトナム語版、トルコ語版のほか、中国語の繁体字版(デジタルカメラ専用)、英語によるインド向けの専用ページです。現地語化とWebサイトの統合は本社が担当し、アジア・オセアニア地域に向けた英語サイトを基本に、各国に向けて多言語に展開しています。
* コンテンツ・マネジメント・システム

ユーザー・インターフェースとユーザー・エクスペリエンスの設計実装とサーバー側のシステム開発を得意とするジークスは、「Oracle WebCenter Sites」の導入支援に豊富な実績を有しています。カシオ計算機の導入プロジェクトにおいても、システム設計開発、旧来のCMSから「Oracle WebCenter Sites」への移行計画やデータ移行、及び不具合の解消などの広範な支援を行い、計画通りの導入・稼働開始を実現しました。

●「Oracle WebCenter Sites」について
従来のCMSが実現した「業務効率化」や「ブランディング強化」に加え、Webサイト上での顧客のエクスペリエンス全体を管理することで、顧客の獲得、ロイヤリティ向上を実現するWebエクスペリエンス管理製品です。ターゲティングや分析、ソーシャルメディア連携などさまざまなWebエクスペリエンス管理機能を活用することで、強力なマーケティング企画やブランディング戦略、業務効率化、売上貢献を実現します。
http://www.oracle.com/jp/products/middleware/webcenter/sites

●オラクルについて
オラクルは、クラウド環境と皆様のデータセンターの両方においてハードウェアとソフトウェアが連携して稼働するよう設計します。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、http://www.oracle.com をご覧ください。

●株式会社ジークスについて
CMSを活用した大規模WEBサイトの企画・デザイン・構築やiPhone/iPad、Android端末のアプリケーション開発などを手がけています。最近ではHTML5を使ったWEBアプリケーションなどの開発にも注力。常に「時代の一歩先の技術を取り入れること」をミッションとして、様々な新規事業を展開しております。
代表者:渡辺 浩
URL: http://www.zyyx.jp
住所:東京都千代田区神田神保町1-13 CONVEX神保町10階
設立:1994年8月29日

■本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社 広報室 谷地田
TEL: 03-6834-4837 FAX: 03-6834-6129 E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

株式会社ジークス 営業企画部
TEL: 03-5282-3374 Email: sales@zyyx.jp

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。


News2uリリース詳細へ

News2u リリース詳細へ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画