このページの本文へ

山市良の「企業ユーザーはここに注目しよう!Windows 8.1の新機能」 第3回

作業中のフォルダーをファイルサーバーやiOS、Androidデバイスと同期

Windows 8.1の新しいファイル同期機能「作業フォルダー」

2013年09月19日 08時00分更新

文● 山市良

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 8.1/RT 8.1ではエクスプローラーに統合

 Windows 8.1/RT 8.1では、コントロールパネルに作業フォルダーの設定が用意されている。作業フォルダーをセットアップするには、Active Directoryユーザーのメールアドレスを入力するか、同期共有を作成したサーバーのURLを入力する。PCやデバイスがActive Directoryドメインのメンバーでない場合は、ここでActive Directoryドメインのユーザーアカウントの資格情報の入力が求められる。最後に、セキュリティポリシー(後述)を受け入れることで、セットアップが完了する。

 一度、作業フォルダー(Work Folders)のセットアップを完了すると、「Work Folders」がWindowsエクスプローラーに統合される。ユーザーはここにファイルやフォルダーを作成、保存することで、サーバーの同期共有を介して他のPCやデバイスとファイルやフォルダーを同期することが可能だ。ローカル側のフォルダーはオンライン、オフラインに関係なく読み書きが可能で、同期共有とオンラインになった時点で同期が行われるようになっている。

Windows 8.1のコントロールパネルにある「Work Folders」を使用して、作業フォルダーのセットアップを開始する

電子メールアドレスまたは同期共有のあるサーバーのURLを指定して、セキュリティポリシーを受け入れるとセットアップは完了

Windows Server 2012 R2のWebアプリケーションプロキシを使用するとインターネットを介した同期も可能であるが、その場合、従量制課金の回線(Metered Connection)を使用する際に同期を行うかどうかをユーザー自身が選択できる

作業フォルダー(Work Folders)はWindowsエクスプローラーに統合。ローカルフォルダーと同じように読み書きでき、同期共有がオンラインになったときにサーバーと同期が行われる

カテゴリートップへ

この連載の記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!