このページの本文へ

スマホアプリ制作ツール「Yahoo!アプリエンジン」が始動

2013年09月06日 11時00分更新

文●Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ヤフーは、スマートフォンアプリ制作・運用ツールYahoo!アプリエンジンのサービスを開始した。ファストメディアが開発した「Yappli」のOEM供給を受け、Yahoo!プロモーション広告の広告主向けに代理店経由で提供する。料金は代理店により異なり、非公表。ヤフーはアプリエンジンで利用状況などのデータを収集、広告配信などで活用する狙いだ。

 アプリエンジンは、あらかじめ用意されているフォトギャラリー、電子書籍、RSS取り込み、音楽再生などの機能をドラッグ&ドロップ操作で組み合わせて、iPhone/Androidアプリを制作できるWebアプリケーション。プログラミングの知識は不要で、App StoreやGoogle Playへの配信申請や、アプリのアップデートもアプリエンジン上で可能。アプリの利用状況を解析する機能や、コンテンツの更新、プッシュ通知などの運用機能も備えている。

アプリエンジンの作成画面イメージ

 現在のアプリエンジンの機能はYappliとほぼ同じだが、「今後はヤフーの独自機能を組み込んでいくことも検討している」(ヤフーの加藤 倫サービスマネージャー)という。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く