このページの本文へ

ルネサス、LTEモデム部門をBroadcomに売却

2013年09月05日 16時39分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 経営立て直しに取り組んでいるルネサス・エレクトロニクスと同社子会社のルネサス モバイルは、ルネサス モバイルの欧州/インドの子会社とLTEモデム関連技術の一部を、Broadcomに売却することで合意したと発表した。譲渡額は1億6400万ドル(約160億円)。

 ルネサス モバイル・ヨーロッパはもともとはNokiaの無線モデム部門を買収したもの。本拠はフィンランド・ヘルシンキにあり、約1100人の従業員を擁している。

 ルネサスはLTEモデムと同社SoCとの組み合わせにより、モバイルチップでのシェア拡大を目指したが、QuallcomやSamsung、MediaTekなどとの競争により厳しい状況にあり、同事業からの撤退を6月に決定していた。なお、Broadcomは、米カリフォルニア・オレンジカウンティに本拠を持つ、通信機器向けのファブレス半導体メーカー。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン