このページの本文へ

新生FFXIVが正式サービス開始! 記念発表会も開催

2013年08月28日 21時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スクウェア・エニックスが、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」(以下、新生FFXIV)のPlayStation 3(以下、PS3)版、Windows版の発売を開始し、正式サービスを8月27日より公開した。また、発売/サービス開始を記念しプレス向け発表会が開催された。

Windows版パッケージPlayStation 3版パッケージ

 発表会では、まずスクウェア・エニックス ホールディングス 代表取締役社長 松田洋祐氏が登壇。新生FFXIVのベータテストでは、世界全体で約30万ユーザーが参加し、300時間遊んだ方がいることなどを紹介した。新生FFXIVは、FFXI同様大きく育つことを期待していること、PS4版を計画していることに触れた。

スクウェア・エニックス ホールディングス 代表取締役社長 松田洋祐氏

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア プレジデント 河野弘氏は、ダウンロード予約数が過去最高となっており、開発チームの努力と熱意が実ったと評価。PS4版ではさらに高品位画像、Vitaとの連携が可能となること、PS3版データがPS4版に移行できることが明かされた。

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア プレジデント 河野弘氏

 続いて登場したのは、FINAL FANTASY XIV プロデューサー兼ディレクター 開発担当 コーポレート・エグゼクティブ 吉田直樹氏。新生FFXIV発表から、シリーズの正統な最新作として寝食を忘れ取り組み、世界最高といえるほどの美しいビジュアルを実現したことなどが明かされ、「ファイナルファンタジー」という名のテーマパークを目指したいとした。

FINAL FANTASY XIV プロデューサー兼ディレクター 開発担当 コーポレート・エグゼクティブ 吉田直樹氏

 このほか、日本マイクロソフト コンシューマー&パートナーグループ OEM統括本部 業務執行役員 統括本部長 金古毅氏、インテル 取締役社長 宗像義恵氏が登壇し、新生FFXIVへの期待を述べた。

日本マイクロソフト コンシューマー&パートナーグループ OEM統括本部 業務執行役員 統括本部長 金古毅氏インテル 取締役社長 宗像義恵氏
会場では、4K表示のデモも行なわれていた
さまざまな推奨認定PCを、実際に遊べる形で展示

 また、新生FFXIVに登場するエオルゼアの世界を疑似体験できる「エオルゼアミラー」を渋谷ヒカリエ B3Fに公開。これは、大型ビジョンを用いたインタラクティブ広告となっており、スクリーンの前に立つとセンサーが感知し、新生FFXIVのキャラクターに変換して投影する。設置期間は8月31日まで。

エオルゼアの世界を疑似体験できる「エオルゼアミラー」。クリーンの前に立つとセンサーが感知し、新生FFXIVのキャラクターに変換して投影する
パッケージ価格/対応機種(購入時には30日間の無料プレイ期間が付属)
対応機種 製品名 価格(税込)
PS3 ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 通常版(パッケージ) 3300円
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 通常版(ダウンロード) 3300円
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア コレクターズエディション(パッケージ) 1万290円
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア コレクターズエディション(ダウンロード) 5300円
Windows ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 通常版(パッケージ) オープン価格(スクウェア・エニックスオンラインストア価格3990円)
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 通常版(ダウンロード) オープン価格(スクウェア・エニックスオンラインストア価格3990円)
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア コレクターズエディション(パッケージ) オープン価格(スクウェア・エニックスオンラインストア価格1万980円)
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア コレクターズエディション(ダウンロード) オープン価格(スクウェア・エニックスオンラインストア価格5990円)
デジタルアップグレード 2300円
サービス利用料金
サービス名 契約周期 利用料金
(税込)
1ワールドあたり
作成可能な
キャラクター数
1サービスアカウントあたり
作成可能な
キャラクター総数
エントリー 30日 1344円 1 8
スタンダード 30日 1554円 8 40
90日 4347円 8 40

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ