このページの本文へ

作成システム、レーザープリンター、保守サービスを組み合わせて販売

キヤノンMJ、流通・小売り向けにPOP作成システムを展開

2013年08月21日 14時54分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

POP作成システムのイメージ

 キヤノンマーケティングジャパンは8月21日、グループ会社の昭和情報機器と連携し、流通・小売り市場向けレーザープリンター事業を強化していく方針を発表した。

 昭和情報機器のPOP作成システム「ポップエース」と、キヤノン製レーザープリンター、消耗品、保守サービスなどを組み合わせて「POP作成システム」としてキャノンマーケティングジャパンの直販部門やグループ企業、リセラーを通じて販売していく。

 導入により、企業の本部で作成したPOPデータを各店舗に設置したレーザープリンターから印刷したり、各店舗が作成したPOPデータを本部と共有できるとしている。

 POP作成システムとレーザープリンターを30セット導入する場合の価格の目安は、初期導入費用が約750万円、年間サポート費は約250万円からとのこと。

スタンドアロン版の価格例

WEB版の価格例

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ