このページの本文へ

日本時間で10月17日21時

米マイクロソフト、Windows 8.1の提供開始日を発表

2013年08月19日 15時00分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
提供開始日より先だって公開されているWindows 8.1プレビュー版。マイクロソフトの公式サイトよりダウンロード可能

 米マイクロソフトが現地時間8月14日、Windows 8.1の提供開始日を発表した。日本時間では10月17日21時に提供開始される。

 Windows 8.1はWindows 8のマイナーチェンジモデル。パーソナライズ機能の強化、Internet Explorer 11の搭載、標準搭載アプリのアップデート、Windowsストアの刷新、SkyDriveとのクラウド連携などがWindows 8からの変更点となる。提供開始以降Windows 8ユーザーは、Windowsストアから無償でアップデートできるようになる。また、10月18日から小売店や新しいデバイス上でも入手可能となるという。

 Windows 8からWindows 8.1への変更点は下記の過去記事においても紹介されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン