このページの本文へ

目指せ王座奪還! 初音ミクGTプロジェクト2013第20回

【予選速報】灼熱の鈴鹿! ミクZ4は17位に沈む!

2013年08月17日 18時38分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●加藤公丸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

助っ人が来るも厳しさは変わらず!
しかし、予選は17位に沈んでしまう

 ASCII.jp読者にとっての真夏の祭典と言えばコミケ、そして鈴鹿の1000kmだろう。本日17日、SUPER GT 第5戦 鈴鹿サーキット、ポッカサッポロ1000kmの予選が開催された。

 予選1回目は谷口選手が担当。確実に1回目を通過して、2回目は片岡選手、もしくは助っ人のヨルグ・ミューラー選手に託す作戦だった。

 しかし、今年苦しめられている性能調整もあって、谷口選手をもってしても「2'04.193」と、まったくタイムがあがらない。1回目を生き残るには、最低でも3秒台に入らないといけない。だがしかし、結局17位という結果でノックアウトされてしまった。

 というわけで、決勝レースは17番グリッドからのスタートになる。現地の応援シートから、パブリックビューイング会場から、そしてPCの前から、声援を送ってほしい。

 なお、痛車の順位は、10位:#48 IS GT-R、13位:#9 攻殻ポルシェ、17位:#4 ミクZ4、20位:#2 エヴァマクラーレン、22位:#5 マッハ先輩。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ