このページの本文へ

Seagate「ST4000NC001」

Seagate製3.5インチHDDにクラウドサーバー向けの新シリーズ

2013年08月16日 23時19分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Seagateから、低消費電力を実現したクラウドサーバー向けの3.5インチHDD「Terascale HDD」シリーズが発売された。

低消費電力を実現したクラウドサーバー向けの3.5インチHDD「Terascale HDD」シリーズ

 「Terascale HDD」シリーズは、業界最高レベルの低消費電力を実現したSerial ATA対応の3.5インチHDD。平均動作電力はわずか6.49Wで、クラウドサーバーなど24時間365日の連続稼働を前提とするシステムに最適という。
 登場したのは容量4TBの「ST4000NC001」。ちなみに、Seagate Instant Secure Erase対応の「ST4000NC000」もラインナップされている。

平均動作電力はわずか6.49Wで、クラウドサーバーなど24時間365日の連続稼働を前提とするシステムに最適という

 主なスペックはインターフェースがSATA 3.0(6Gbps)で、回転数は5900rpm、キャッシュは64MB。転送レートは最大600MB/s、連続データ転送速度は160MB/s。
 価格は3万980円。ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中