このページの本文へ

アスキースマホ総研 第9回

納涼企画! スマホで本当にあった恐い話(?)教えます!?

2013年08月20日 11時00分更新

文● アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

思わぬ通話の発信にマナーモード
スマホ初心者が陥るワナをあらためて確認

カリー はいはい。それじゃ、ここからは小ネタでもいいんで、怖い話をどんどん紹介してください。

ドロイド 最初にメインのケータイをスマホにしたときに、うれしいからいろいろいじっていたワケですよ。それでついうっかり、アドレス帳にあった知り合いのライターさんに電話を発信しちゃったと。でも、ケータイって終話ボタン押せば、すぐに発信を止められるでしょ? ところが、スマホだと慌ててホームボタンを押しても、バックグラウンドで通話状態が続いてしまう。

ケータイと異なり、スマホはバックグラウンドで通話が続く

ニッシー それ自体はスマホ初心者なら誰でもやりがちなミスでは?

ドロイド 怖いのはここからで。その相手が、しばらく連絡を取ってないライターさんだったから、向こうは久々の仕事の依頼と思ったのか、微妙に弾んだ感じの声がスピーカーから聞こえてきた……。あれは途方に暮れた……。

カリー フリーライターの自分には、最高に怖すぎますよ、その話は! スマホ初心者の編集者は、通話やアドレス帳の操作は超慎重に! いや、編集者に限らず!

ニッシー 初心者の怖い話と言えば、打ち合わせ中にガンガン音を鳴らす女子がいて、それってどうよと話をしたら、「スマホにしたらマナーモードのボタンがないんですよー」とか言うし。Androidだとボリュームを一番下まで下げればいいのに……それはiPhoneユーザーの自分でも知ってるって。でも、この操作は何かで知らないと確かにわからないかもね。

サイドのスイッチでマナーモードにできるiPhoneと違って、Androidスマホはボリュームを下げて設定する。さまざまな音量を設定できるのが初心者にはちょっと難しいかも

ドロイド Androidの「メディアボリューム」も気づきにくいですよね。通話のボリュームと、メディアボリュームが違うって、便利だけど感覚で理解しにくい。

スピーディー 俺も初心者のときに通話ボリュームだけをゼロにして、イヤホンを付けてアプリゲームを電車の中でプレイしてて、どうも周りの目が厳しいなあ……ということがあったね。

Androidの標準時計アプリに気を付けろ!?

ドロイド iPhoneとAndroidの違いでいうと、すごく細かな話なんだけど、標準の時計アプリの挙動の違いで、恐ろしいことに大事な取材を大遅刻しかけた。

カリー 目覚まし用に時計アプリを使うってことですよね。時間を入れてオンにするだけでは?

ドロイド iPhoneはそうなんだけどね。Androidの標準時計アプリは必ず曜日の表示があるのよ。たとえば昨日が火曜として、今日水曜8時に起きるために設定するでしょ。その設定をそのまま流用してアラームをオンにすると、来週の水曜8時、つまり6日と数時間後に鳴るのですよ。

iPhoneは標準では時間だけで曜日設定は表示されないので、時間を見て、オンにするだけで、確実に明日のその時間にアラームが鳴る

Androidの標準の時計アプリでは、曜日が用意されているので、寝ぼけているときには確実に設定することが必要だ

ニッシー あっ、ホントだ。

ドロイド 仕組みとしては別に間違ってはないんだけど、目覚ましをセットする瞬間って、超眠くて頭がハッキリ働かないときもあるわけで、仕様的にはやや微妙かな。怖い話を実体験したくなければ、Androidスマホではアラームは確実に設定したほうがいいです。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン