このページの本文へ

アスキースマホ総研 第9回

納涼企画! スマホで本当にあった恐い話(?)教えます!?

2013年08月20日 11時00分更新

文● アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

落とした、壊した……
やっぱり怖いのは破損と紛失

なぜかiPhoneが自然と地面に落ちて、気がついたら壊れているんです……

ドロイド じゃあ、スマホで怖い話は何かありますか? まずはカリーさん。

カリー iPhoneが壊れるんです。定期的に。これは心霊現象ではないでしょうか。

ニッシー だからさっきのiPhoneを落とした話なんでしょ?

カリー いや、それが偶然とは思えないんです。今日もポケットに入れていたはずが、人間にはわからない不思議な力で滑り落ちたんです……。

スピーディー って、ジーンズのお尻のポケットに穴が空いてるじゃん!

ドロイド カリーさんの馬鹿話はもういいよ! ところで、これは編集部で聞いた話なのですが、花火大会の仮設トイレで行列を作って待っていたら、トイレの中から謎の悲鳴と唸り声が聞こえてきて、しかもドアがずっと開かないそうなんですよ。

ニッシー おっ、ようやくリアル怪談だ!

ドロイド で、行列のみんなが怖くなって、慌てて警備員を呼んでトイレを開けたら……浴衣の襟に挟んでいたスマホを仮設トイレのタンクに落として号泣している若い女性の声と、誰かがその彼女を呼び出そうとしている着信音がタンクに共鳴して不気味に聞こえただけという。

カリー 怖いような怖くないような……。でも、着信音が鳴ってるってことは、スマホ自体は壊れてなくて、トレイのタンクから拾いあげれば、きっとまた使えるから怖くないか。

ドロイド そのスマホ、壊れてなくても正直もう使いたくないよ! カリーさんの発想の方が怖いよ!

スピーディー スマホを落として壊すという怖い話の対策としては、やはりケースを付けることかなあ。

ドロイド iPhoneの場合は「AppleCare+」があるので入っておくといいでしょう。製品の保証が2年間に延長され、不慮の事故による修理の場合も、1回につき4400円で最大2回まで受けられます。今はauとソフトバンクの料金と一緒に分割で払えるのもうれしいですね(初回月382円、以降月366円×23回)。ちなみにauの場合は「auスマートパス」(月390円)に入っていると、この4400円の修理代金もキャッシュバックされて、実質0円になるとのこと。また、AppleCare+以外でも、各キャリアとも補償系のサービスは用意されてます(ドコモ「ケータイ補償 お届けサービス」、au「安心ケータイサポートプラスLTE」、ソフトバンク「あんしん保証パック」など)。

スマホ総研でもオススメのアップル純正の延長保証サービス「AppleCare+」。ケータイ料金と一緒に支払うことができ、自分のミスによる故障でも4400円で2回まで対応してくれる

GPSを使って「端末を探す」機能が
iPhoneとAndroid両方に用意されている!

ニッシー 故障じゃなくて、紛失した場合はどうすればいいですかね?

ドロイド iPhoneだと「iPhoneを探す」をまず試すべきかと。iPhoneからの位置情報とiCloudを連携して、大まかな位置がわかります。端末で音を鳴らすこともできるので、見つけやすいです。あらかじめ設定でオンにしときましょう。

iPhoneを無くした場合は「iPhoneを探す」機能を活用しよう。あらかじめ設定メニューの「iCloud」で機能をオンにしておく

あとはウェブブラウザーでiCloudにアクセスすると、マップ上に今の端末の場所が表示される。リモートで音も鳴らせるので近くにあるとすぐにわかる

スピーディー Androidでもほぼ同じ機能が「Android Device Manager」という名称で始まっている(関連記事)。こちらも忘れず、設定でオンにしておきたいところ。

つい最近、Androidでも同様のサービスが始まった。「Google設定」アプリで機能をオンにしておく

同様にマップ上に端末の場所が表示される

ドロイド あとは盗難の可能性もあるので、すぐにキャリアのサポートに電話ですね。紛失時に回線を止める操作は24時間可能ですし、遠隔ロックなど自分の端末で可能な操作も案内してくれます。あとauのiPhoneだと「紛失補償オプション」(AppleCare+とセットで月525円)といって、紛失・盗難時にiPhoneを再購入すると2万円補償されるサービスもあります。

カリー それから、初心者の人には特に力説したいんですが、パソコンにつなぐなどして、必ずバックアップは取っておきましょう! 端末にもしものことがあっても、少なくともデータは復元できるので。

ニッシー なんだか面倒……という人もいるだろうけど、そこはやっておきたいよね。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン