このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

徹底研究!! 8.1型タブレット「Iconia W3-810」第2回

「AcerCloud」を組み合わせることで本領を発揮!!

Iconia W3の実力と超連携術を大検証!(中編)

2013年08月17日 12時00分更新

文● 真島 颯一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

8.1型Windows 8タブレット「Iconia W3-810」を大検証。基本性能をはじめ、クラウドサービスの活用やメインマシンとの連携について3回にわたり検証する今回の徹底研究。前編では、本体の仕様や特徴についてチェックした。今回はクラウドサービス「AcerCloud」を利用して、動画や音楽といったコンテンツやビジネス向けのドキュメントファイルを活用する。前編はこちら。

メインマシンとの連携に欠かせない「AcerCloud」

 今回は「Iconia W3-810」(以下、Iconia W3)にインストールすると、とっても便利そうな、エイサー独自のクラウドサービス「AcerCloud」を取り上げていきたい。一般的にタブレットPCは、ストレージの容量で、不便さを感じることが多いが、このサービスを利用すれば、そういった不満も大いに解消できることだろう。

 このAcerCloudだが、厳密に言うとエイサーによるクラウドサービスの総称で、「Acer Photo」「Acer Media」「Acer Docs」「Acer Remote Files」といった個別のアプリが内包される。セットアップはIconia W3にあらかじめ入っている「AcerCloud Portal」を起動させ、サインインするだけで簡単にできた。

自分のアドレスを登録し「Acer ID」を作る。他の端末も同じIDでサインインする

 もちろん、母艦となるメインマシンや手持ちのスマートフォンにも、同様にAcerCloudをインストールする。ちなみに、このAcerCloudは、エイサー製の端末以外のマシンにも導入可能だ。

iPhoneの場合は、Apple App Storeから各アプリをダウンロード。もちろんAndroid用アプリもある

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
ノートパソコン
デスクトップ
モニター

intel

詳しくはレビューをチェック