このページの本文へ

LINE、ゲーム課金など好調―4~6月期売上高は128億円

2013年08月09日 16時00分更新

花田祐輔(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINEは8日、2013年4~6月期の業績を発表。連結売上高は128億円で、前年同期比約348.9%増、前四半期比45.3%増と伸びた。中核となるスマートフォン向け無料通話・メールアプリのLINE事業および広告事業が好調だった。

 LINE事業の売上高は、前四半期比で66.9%増の97.7億円で、同社売上高全体の約76%を占めた。LINE事業売上高の内訳は、ゲーム課金が約53%、スタンプ課金が約27%を占めた。

 LINEの登録ユーザー数は、7月21日に全世界で2億人を突破。日本をはじめ対、台湾、スペイン、インドネシアなどの各国で増加している。現在は東南アジアおよび南米で、テレビ放映や現地企業とのプロモーションを展開するなどマーケティングを強化しており、同社は年内に3億人ユーザー獲得を目指すとしている。

LINE決算
LINEプレスリリース

■関連サイト

asciicloud

アスキークラウド最新号特集

地デジ普及でクラウド化
グーグルも狙う
テレビ業界

・発売:2013年7月24日(水)
・定価:650円(本体:619円)

最新号の詳細はこちらから

カテゴリートップへ

ピックアップ