このページの本文へ

REALAN「E-M3」、「E-M5」

肉厚アルミパネルを採用するキューブ型PCケースが登場

2013年08月02日 23時49分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 肉厚アルミパネルを採用するキューブ型PCケース「E-M3」と「E-M5」がREALANから発売された。取り扱いはエム・コーポレーション。

スリム光学ドライブベイを省略したMini-ITX専用モデル「E-M3」

 いずれのモデルも放熱フィン形状の4.5mm厚アルミパネルを贅沢に使用したキューブ型ケース。電源ユニットは標準的なATX電源をサポートし、拡張スロットは2段用意される。
 「E-M3」は、スリム光学ドライブベイを省略したMini-ITX専用モデル。ベイ数は3.5シャドウ×1、2.5インチシャドウ×4(2.5×1/3.5×2も搭載可能)となるほか、冷却ファンはオプションながらリアに60mm×1、40mm×3を装備可能だ。サイズは222(W)×211(D)×251.5(H)mmで、重量は約2.1kg。
 価格は1万800円。パソコンショップアークやオリオスペック、パソコンハウス東映で販売中だ。

放熱フィン形状の4.5mm厚アルミパネルを贅沢に使用。リアにはSATA×1、4ピンペリフェラル×1も用意され、外付けドライブの接続に対応する
価格は意外に安価な印象だ

 「E-M5」は、Micro ATX(220×245mmまで)まで対応した上位モデル。ベイ数はスリム光学ドライブ×1、3.5シャドウ×1、2.5インチシャドウ×4(2.5×1/3.5×2も搭載可能)が用意されている。冷却ファンは、リア60mm×2を標準装備し、さらに60mmファンを1台増設可能。サイズは222(W)×243.5(D)×275(H)mmで、重量は約2.6kg。
 価格は1万3900円。パソコンショップアークで販売中だ。

「E-M5」は、MicroATX(220×245mmまで)まで対応した上位モデル

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中