このページの本文へ

秋葉原にゲームPC専門店「G-Tune:Garage」がオープン

2013年08月02日 22時35分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは8月3日、同社のゲーミングPCブランド「G-Tune」の専門店「G-Tune:Garage 秋葉原店」を秋葉原にオープンする。場所はBUY MOREアウトレット館の跡地で、オープニングセールも開催するという。

通称“自作通り”にオープンする「G-Tune:Garage 秋葉原店」。2日、報道関係者向けの内覧会が開かれた

 同店では、マウスコンピュターのウェブサイトでは売っていないパーツ構成のマシンを数多く展示している。すべての展示機は、来場者が直接触って、その性能や感触を体感できるようになっており、気に入ったマシンがあればその場で購入できる。

店内は黒を基調とした大人の雰囲気。展示機はすべて操作できる

 また、ゲーム用の周辺機器も販売している。店頭にある体験コーナーでは、マウス、キーボード、ステアリングなど、それらのゲーミングデバイスをすべて体感できるようになっている。

体験コーナーでは、ゲームやゲーミングデバイスを体験できる
アニメとのコラボモデルや、各種ゲーミングデバイスも販売する

コンセプトは六本木のバー

マウスコンピューター コンシューマ営業統括部の工藤 昂氏

 パソコンショップにしては店内の照明が暗く、内装もブラックと基調とした大人の雰囲気。この新店舗について、マウスコンピューターの工藤 昂氏に話を聞いた。同氏は「内装は六本木のバーをイメージしている。マウスコンピューターというとは黄色のイメージが強いが、今回はG-Tuneブランド初の店舗ということで、黒をベースにゴージャス感を演出した。」と語る。

 マウスコンピューターは、JR総武線ガード下にあるケンタッキーフライドチキンの近くで「秋葉原ダイレクトショップ」を直営している。すでに店舗があるにもかかわらず、同じ秋葉原地区に新店舗を出店することについて工藤氏は、「最近G-Tuneの売上が増えている。これを期に、今一番盛り上がっているG-Tune専門の店舗をオープンしたかった」とのこと。既存の「秋葉原ダイレクトショップ」もそのまま営業を続けるそうだ。

謎の萌えキャラを発見

 ショップ内を取材していると、謎の萌えキャラが数ヵ所に貼られているのを確認できた。これについて聞くと、販促のためにスタッフが描いた非公認キャラクターで、「G-Tune:Garage 秋葉原店」の中でのみ見られるそうだ。

店内でみかける萌えキャラ
漫画まで掲示されている。男性がGちゃん、女の子がTuneちゃんという名前だという

オープニングセールも実施

 さて、新店舗オープンとなると、気になるのがオープニングセールの特価品だ。もちろん同店でも、特価のPCを用意している。また、パソコンを購入すると、HDDやUSBメモリーが当たるスクラッチくじに挑戦できるほか、ゲーミングデバイスが先着順でプレゼントされる。

オープニングセールの一例
スクラッチとゲーミングデバイスプレゼントの告知

 自作通りという立地う条件の良さから、秋葉原に来た時は足を運びやすい場所にある。秋葉原にパーツを買いに来たなら、同店を訪れるといいだろう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中