このページの本文へ

総務省小笠原課長とテレビの未来を語ろう

2013年07月29日 18時07分更新

木下 修(Osamu Kinoshita)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本初のクラウドビジネス誌『アスキークラウド』の創刊を記念した、『アスキークラウド創刊記念ニコニコシンポジウム どーする!? どーなる!? スマートテレビ「グーグルも狙うテレビ業界」』が、7月30日(火)18時30分よりニコニコ生放送で放送される。

 シンポジウムのメインテーマは、『アスキークラウド』創刊号の特集となった「テレビ」。スマートフォンの普及、ネット動画やソーシャルメディアの利用増など、ネット移行をチャンスと見て、グーグルやアップルといった海外企業は日本のテレビ業界への進出を狙っている。

 変革を迫られる放送局とメーカーの最前線の状況を踏まえ、川上量生(株式会社ドワンゴ代表取締役会長)、角川歴彦(株式会社KADOKAWA取締役会長)、中野克平(アスキークラウド編集長)とゲスト識者が、本誌特集でテーマとして取り上げている「テレビの新しい成長時代」について議論する。

 第1部では、ネット広告がテレビ広告を超える「2021年問題」と、「スマートテレビはテレビを超えるか?」をテーマとして、情報通信総合研究所の研究員・志村一隆氏を招いて徹底トーク。

 第2部では、総務省 情報流通行政局 情報流通振興課長の小笠原 陽一氏を招いて「日本、アメリカ、イギリスのテレビ」「著作権の黒船『ウルトラバイオレット』」について議論する。

 最後の第3部ではインタラクティブセッションと題して、川上会長、角川会長、中野編集長で「テレビの新しい成長時代」 「エコシステム2.0」について語り合う。

 熱い議論の先に見えてくる「未来のテレビ」はどのようなものか? ぜひその目で確かめてほしい。

アスキークラウド創刊記念ニコニコシンポジウム
どーする!? どーなる!? スマートテレビ
「グーグルも狙うテレビ業界」

7月30日(火)18時30分~19時30分(予定)

【視聴アドレス】

【出演者】

志村 一隆 (情報通信総合研究所 研究員)
小笠原 陽一 (総務省 情報流通行政局 情報流通振興課長)
川上 量生 (株式会社ドワンゴ代表取締役会長)
角川 歴彦 (株式会社KADOKAWA取締役会長)
中野 克平 (アスキークラウド編集長)


【番組内容】

<第1部>
テーマ: 「2021年、ネットがテレビ広告を抜く」
「スマートテレビはテレビを超えるか?」

出演者: 志村 一隆 (情報通信総合研究所 研究員)
角川 歴彦 (株式会社KADOKAWA取締役会長)
中野 克平 (アスキークラウド編集長)


<第2部>
テーマ: 「日本、アメリカ、イギリスのテレビ」
「著作権の黒船『ウルトラバイオレット』」

出演者: 小笠原 陽一 (総務省 情報流通行政局 情報流通振興課長)
角川 歴彦 (株式会社KADOKAWA取締役会長)
中野 克平 (アスキークラウド編集長)


<第3部>
テーマ: インタラクティブセッション
「テレビの新しい成長時代」 「エコシステム2.0」

出演者: 川上 量生 (株式会社ドワンゴ代表取締役会長)
角川 歴彦 (株式会社KADOKAWA取締役会長)
中野 克平 (アスキークラウド編集長)

カテゴリートップへ

ピックアップ